excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


さくら会

今月は出席したかったのですが、水曜開催の火曜歌会と重なってしまい
出席できませんでした。
K雲さんもお休みで、さくら会の純粋会員さんだけの歌会でした。


プリンタを複合機に
買い換えた
葉書きの印刷が出来ない と
直接息子に言わない
お怒りのお父さん

 複合機では葉書き印刷できないのですか?私も知りませんでした。
 このごろの機械は機能が複雑になり、マニュアルも読めない私(涙)は
 新しいものは使えません!

 このお歌もそのへんの悲哀(笑)を詠っておられるのですが、「息子」
 「お怒りのお父さん」という人物設定が、作者のご家族なのか、人から
 聴いたお話なのかが、少し解かりにくい。多分ご家族のそんな様子を
 ニヤニヤしてみていた作者だったのでしょうが、最後は「夫」としめた
 ほうが、より解かりやすかったのでは・・・


コートを跳躍するフットワーク
淡々と延々と続いた心技の
ぶつかり合いがやっと終った!
午前2時の静けさも忘れて
両者に拍手拍手

 へええ!午前2時までご覧になっておられたのですか?
 それに、私は「拍手、拍手!」
 テニスでしょうね。
 その様子がよく表現されています。
 少し整理をされると、もっと緊迫感が伝わります。
 「心技」と言ってしまわないで、その様子が伝わることが歌では
 ないかな・・・と。
 「美しい」「感動した」などと同じく、「心技」に感動されたので、
 ここではこの言葉はなしでも良かったような気がします。


梅雨の中休み
日差しを受け
影も走る
蟻の世界には
戸惑いはないか

 このお歌、なかなか哲学があると思います。
 4,5行目を前にもってこられると、とてもわかりやすくなると思う
 のですが・・・


さくら会は精鋭ぞろいです。
第4水曜日の10時からとちょっと出かけにくい時間ではありますが、濃い時間を
共有できますよ。
是非、皆様もおでかけくださいませ。
[PR]
by machako-hamakaze | 2009-08-02 10:46
<< 日曜歌会にて 火曜歌会なのに、水曜開催 >>