excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


新横浜歌会

大倉山でのこの新横浜歌会は、前にも書きましたが、新横浜での
講座卒業生の方たちが中心になって立ち上げてくださった会です。
人数はあまり多くありませんが、歌に対しての思いが本当に
真剣な歌会です。

点を入れた人と作者の意見がたっぷりとうかがえます。
時と場合によっては、点を入れなかった人にも聞くこともあります。
何故、入れなかったか、入れられなかったか。これはとても参考に
なります。


胃ガンで余命一ヶ月の恩師
喰べたかったアイスを口に含み
九十七歳で旅立った
笑顔で安らかに
満足そうな表情をして

 ご年齢がいくと、ガンのすすみも遅くなるときいたことがあります。
 九十七歳、もしガンがなければもっと長寿でらしたのでしょうか。
 大好きなアイスを口に含まれた時、人生を満足して旅立たれた
 のでしょう。恩師への愛情が感じられます。


山の手線の色
ビール缶のデザイン
色んなものがよみがえる
私も負けてない
トキメキの復刻を心に描く

 昔のデザインや色がそれぞれ復活していく、世の風景をみられて、
 作者も若い頃を想い出すだけでなく、その頃のトキメキや思いを
 復刻させるのだ、と。
 
 前2行が名詞どめになっていることと、3行目の「よみがえる」が
 ひらがなのために、作者の心に「よみがえる」と読まれてしまわれる
 かもしれません。


町のあばら骨を
丸ごと写す
移動レントゲン車
カーナビ
傷跡さえもくっきりと

 一読、魅かれるお歌ですが、ちょっと難しいかな。

 カーナビは便利だけど、こんな一面もあると、思いもよらない作者の
 視点が鋭いです。

 移動レントゲン車とカーナビが同列であることがわかると、理解できるかも
 しれません。

 「カーナビは」を最初に持ってくるとか、「移動レントゲン車の」と助詞を
 補うとか、もう少しわかると、ぐっと魅力もますのでは。
 と、思ったのですが、「の」が来ると、レントゲン車についている「カーナビ」
 とも読まれてしまいますね。なかなか難しい・・・・
[PR]
by machako-hamakaze | 2009-09-28 10:29
<< 歌会「はなみずき」 横浜水曜歌会 >>