excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


さくら会

ちょっと順番が逆になりましたが、さくら会です。


路地の向こうに
路地と同じ幅の
陽が落ちる
こんな茜の中には
何故だろう 亡父が居る

 路地から見える夕陽には、懐かしさが漂います。私はみていませんが、
 映画になった「3丁目の夕陽」って、こんな感じでしょうか?(漫画では
 読んだことあります)
 夕暮れに思いだすのは、まず母親の、子供を呼ぶ声、夕餉の匂い、
 そして、仕事から帰ってくる父親の姿。なんとなく夕陽を背負う逆光の
 中に見えるのです。顔は影になってわからないけど、「ああ お父さんだ」
 と。今はもう亡き人なのでしょうか。
 
 郷愁が漂います。


わかっていても
まだ 反応してる
雨戸を閉める時に目が行く
よく居たんだよね
庭のあの辺りに 君は

 ワンちゃんでしょうか、ねこちゃんでしょうか。
 やはりなくされたペットの不在がまだ信じられないでいらっしゃる作者なので
 しょう。
 どれだけ心癒されていたか、愛しておられたかが伝わります。


五行のみで
語りかける
物語に
共感の
波が押し寄せる

 とても素直に五行歌で感動されたかが伝わります。
 五行歌は「五行のみ」です。
 あとは、行間や言葉にどれだけ作者の思いがこもっているか、また読み手が
 どれだけ、読み込んでいけるか・・・
 五行歌のそんなところがこのお歌で、よくわかります。
[PR]
by machako-hamakaze | 2009-10-20 23:06
<< 鎌倉歌会 講座開始 >>