excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


藤沢火曜歌会

急遽欠席の方がお一人いらっしゃいましたが、18人の盛会でした。
新しい方がお一人。Tえさんの川柳のお仲間のS子さんが初参加
してくださいました。

さすが、コメントもお上手でお歌もすてきでした。


芋煮会
笑顔がこぼれる 秋日和
あっちも こっちも笑いのうず
コロコロと笑のうずが
大鍋を囲んで行く

 10月のいも煮会に初参加されたTえさん。一生懸命お手伝いもして
 くださいました。あまりお野菜は得意ではないというのに、こんな
 お歌を作ってくださって、ありがとうございます。
 また来年も、よろしくお願いします。


祝いの日
真珠のネックレスを
着けてもらう
そのひとの指のあたたかさ
ふれる晩秋の朝

 結婚式かなにか祝いの日に(ご本人のかどうかはわかりませんが)、
 たぶんお母様に真珠のネックレスをつけていただいた時の、その手の
 あたたかさを詠われたのでは、と大勢のご意見。

 私もそうだったのですが、私が意見を言う前に、初参加のS子さんが、
 もしかして、ご自分では着けられないので手伝ってもらった時かもしれ
 ませんから、お母様以外の方もありえます・・・と目からうろこの コメント。
 なるほど、そう読むと、「そのひと」が急に愛の形として見えてきます。

 作者コメントはまさしくそのとおり。ご主人さまに手伝っていただいた
 時の事だったそうで・・・なんとも素敵な愛の表現ではないですか!


枯葉色ですが
大輪のバラの花
一年中咲かせます
サクサクの食感に
まいったけ?

 いやあ、このお歌には参りました 
 まったくの読み違いをしてしまったのです。去年から松茸にうらみの
 ある私(笑) まつたけとばかり思い込んで、このシャレたまいたけの
 お歌がわからなかったのであります。何で、まつたけが、バラ?
 一年中?(某メーカーのまいたけしか買わなかったのもいけなかった)

 まことにまことに「まいった まいった」
 (作者のH野さんには、この頃見逃しが多いとお叱りを受けました・・・
                                     確かに!)
 わかったとたん、もう2点でも3点でも献上したいお歌でした。
 ごめんね、H野さん。
[PR]
by machako-hamakaze | 2009-11-02 12:12
<< 横浜歌会 ひまわり会 >>