excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


上大岡歌会

上の孫の検診があって、下の子をあずからないといけなくて
上大岡歌会はお休みしました。
寝てばかりだから楽かなと思いましたが、わけもなく泣くので
一応、おむつも替え、ミルクも飲ませても、泣く!
困ったものです。
たまのお守りは疲れます(苦笑)


ああ
また講釈が始まった
今、見ているTVを
見させてくださいませ
我が家の 歴史学者さま

 思わず笑っちゃいました。確かに、ドラマとして楽しんでいるので
 きちんと歴史に沿っているかどうかは、あまり気にしないで
 見ているのですよね。
 でも、やはり、一言(もっと?)言わずにはおられない、ご主人さま・・・
 かな。

 うちは二人して、めちゃくちゃな時代考証や展開の矛盾には文句を言う方
 なので・・・
 誰かがいるときは黙って見ることにしましょう(笑)


銀杏散る
こんなにも
黄深ぶかと
歩道を染め
道ゆく人の足に舞う

 5・7調の流れが秋の深まりを詠い心地よいお歌です。
 声に出して読まれると、より感じるのでは。
 ただ、目で見たときに、3行目が「黄」と「深」が続いているのが
 ちょっと気になります。ひとますあけたほうがすっきりするのでは。


肩がふれ
キッと にらまれ
生ビール一杯分の
酔いを
諌められる

 最近は肩が軽くふれただけで、にらむ人怒鳴る人、またはがつんと
 あたっても、知らん振りのひと、こちらが悪いと言わんばかりににらむ
 人あり・・・で、本当にせちがない世の中です。
 作者は諌められると謙虚に書いておられますが、世の中の人全部が
 そうではないと思います。生ビール一杯分の酔いくらい、楽しみましょう。
[PR]
by machako-hamakaze | 2009-11-26 11:44
<< 横浜木曜歌会NIGHT TWO ハマのうたかい >>