excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


新老人の会 戸塚歌会

こちらは交流歌会のため、ハマ風の歌会たよりには毎回は載らないのが
残念ですね。
すてきな人生の先輩たちが楽しく座を盛り上げてくださいます。
お歌もとっても味わいがあります。

そうそう、K戸さんがハマ風次号にエッセイを書いてくださいました。
こんな文章を書くのは初めて、とおっしゃっておられたそうですが、
原稿いただき、もう感激でした。お話の出だしから面白くて、読む人を
ぐっとひきつける文章です。知らなかったことを教えていただいたり
みなさま、お楽しみに。


1席はK圷さん・・・私の高校の同級生です(だからとてもうれしい!)

息子と口喧嘩
「タコ」と捨てゼリフ
話しに骨がないらしい
仁義なき戦い
親の負け

 あまりの面白さに3点つけてしまいました(もちろん、作者は知らなかった
 のですよ)
 まさしく、親に「タコ」とは息子さんとの「仁義なき戦い」ですね。
 それでも、腹をたてながらも、息子さんの筋道とおった言いっぷりに
 負けを認めた作者。潔し!


展示会の
子供の歌を
見てからは
何日感がへても
出来上がらない私

 同じことをおっしゃる方が多いのです。確かに子供さんのお歌は素直、新鮮
 参った・・と思える発想が随所に。でもね、展示会の作品は1500首以上の
 なかから選ばせていただいたお歌です。だから、子供さんのお歌のなかでも
 特に素敵なのが展示されているのです。

 こうして、そのことを素直に歌にされたではないですか。
 みなさんの持ち味を出して歌作りされてくださいね。


冷え込んだ夜
リ・リ~ン リ・リ~ンと
悲しい鳴き声 力なく
今生の別れか
やがて途絶える

 賑やかに庭から聞こえていた虫の声がいつのまにやら聴こえなくなったという
 ことはありますが、これが多分最期の声と思って聴かれた作者は万感の
 思いだったのでは・・・・ムシの息だったのですね、なんて、ダジャレを言って
 顰蹙をかいました・・・すみません。


私の歌

雲のソフト帽を
小粋に被り
よお
久しぶり と
秋の富士は男前

 今年は秋になっても天候のせいで、あまりきりりとした富士山が見えなくて
 ようやく、見えたときの歌です。
 富士山は男か女かと暫し談義。

 昔、あの長い裾野を「美しい女のすね」と表現したこともあります。
 
[PR]
by machako-hamakaze | 2009-12-22 17:53
<< 歌会SUN-SUN はなみずき >>