excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


藤沢日曜歌会

今年最後の藤沢日曜歌会です。

今年から、忘年会に会費からお一人さま(最近流行ってることばですね)
1000円の補助を出します。

で、忘年会にご出席できない方には、
歌会無料出席券(日曜限定、本人様限定、1年間有効、現金引換不可)
というものを差し上げることにしました。

パソコンで作って、大きな篆刻の印を押し、裏書までしました。
しゃれでやりましたが、けっこう受けました(笑)

嬉しいお知らせは我が歌会のSさんがご結婚されたこと。
おめでとうございます!皆さんにお赤飯のおりを持ってきてくださいました。
ごちそうさまでした。

悲しいお知らせはH本さんのご主人さまがお亡くなりになられたことです。
ご療養中でした。とても大切に思っておられたご主人さまのご逝去、
心からお悔やみ申し上げます。


ホッとする
石の仏様を
右に左に上に見て
さそわれるようにのぼる
山寺の石段

 立石寺の階段でしょうか。
 3行目の表現が読み手も一緒に仏様をみながら石段を登っているように
 思わせます。
 ホッとするお歌です。


もう師走。
悲しい事もあった
けど、宝物がたくさん
心が喜べば
進んでいける

 そうですね。この一年、楽しいことも悲しいこともありました。
 でも、楽しいことの中に心が喜ぶようなことが必ずあるはず。
 人はそれを見て、また前に進んでいけます。
 元気をいただいたお歌です。
 作者は本当に目を見張るようにお元気になられたT田さん。
 また来年もいらしてくださいね(出席券がありますしね!)


休む間も無く
田んぼの土は
耕されて
雪が降る
冬を待つ

 なにげない田の風景だが、田んぼを保つための、基本的な作業のことが
 詠いこまれています。

 空気中の窒素(肥料になります)を耕してすきこんで、そして雪は雨よりも
 その窒素を多く、田にもたらすのだそうです。
 農業の奥深さを教えていただきました、


まずは目の前のホッケに
むさぼりついて
腹を満たそうよ
心は
その後でいいよな

 好きな歌です。
 食欲より心が大事・・・そう思うかもしれません。
 でも、争いごとや議論のとき、お腹がすいていれば、普段ならもっと
スムーズにいくはずのこともいかなくなります。

 眼の前の幸せにも気がつきません。
 この食欲は単に、実際の食欲というわけではないかもしれません。
 このお歌も深いと思います。


私の歌。

流れの
水でさえ
川底の石に
躓(つまづ)いて渦を巻く
大河となる前のこと

 いろいろなこと、躓いたり渦巻いたりしながら、いつかは大河となる流れ。
 ハマ風の今と将来を詠ってみました。
[PR]
by machako-hamakaze | 2009-12-25 10:02
<< 上大岡歌会 かすみ草 >>