excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


さくら会  

皆様明けましておめでとうございます。
昨年はこのブログを見てくださってありがとうございました。

本年もよろしくお願いいたします。
見てくださる方はけっこういらっしゃるのですが、コメントを書いて
下さる方が少ないのがちょっと寂しいです。

記事の右下に 小さく comments というところがありますので
そこをクリックしていただくと、コメントが書き込めます。
メールアドレスなどは必要ありません。

お待ちしております。

さて、ようやく去年12月9日の「さくら会」さんです。


年の瀬にあなたに贈る
お揃いの日記帳
来る年も豊かな思い
紡いでいけますように
同じ日付の想い出も・・・

 なんて、すてきなプレゼントなのでしょう。
 お揃いの日記帳。そんなプレゼント、全然思いつきませんでした。
 大事な人と同じ日記に、たまに会ったら同じ想い出・・・・
 なんてなんて素敵なんでしょう。

 差し上げたお相手がご主人さまだったら、もう感動してしまいます。


さっき迄確かに泣いていた
目覚めた 朝の
涙の跡
胸の奥にしまった
思いの欠らか 滴となって 

 悲しい夢を見られたのでしょう。
 私も母を追う夢を見て泣いて泣いて目がさめることがあります。
 この作者の胸の奥にしまっておかれる思いとは・・・
 読み手の胸も痛くなります。

 「欠ら」は「欠けら」のほうが解かりやすいのでは。平仮名でも。



たまたま耳にしhた
幼子の「バイバ~イ」
通り過ぎていった
何人かの面影よぎる
電車の揺れに身を任せて

 ふとしたひょうしに耳にした言葉で、いろいろな場面や想い出が
 胸をよぎることがあります。

 「バイバ~イ」から、作者の人生のある場面で、出会い、別れた
 そんなちょっとした通行人くらいのつながりだったかもしれない
 人たちを想い出す。

 何気ない人の日常の中で「時」がもたらす哀しみのようなものが
 感じられる佳品。
[PR]
by machako-hamakaze | 2010-01-03 21:53
<< 横浜木曜歌会 NIGHT TWO 今年一年お世話になりました >>