excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


歌会SUN-SUN

前日から雪が降りましたが、当日はもう藤沢は消えていました。
でも横浜の各地で残っていたようです。

ちょっと大阪の姉のところへ行ったり、知人のご家族に不幸が
あったり、気持ちも落ち着かないまま、ブログ更新がなかなか
できずにいました。

親しいかたのすさまじいまでの体験を共有することはできません。
一緒に涙し、悲しむことだけです。
「この悲しみは体験したものでしかわからない」ということを
聞きますと、とても残念に思います。

寂しいと思います。自分の身に置きかえれば、大切な方の
悲しみや痛みはわかります。また自分にとってその方が
大切な方であればあるほど、自分の悲しみとなります。

どうぞ、ご自分だけで抱え込まないでください、と。

ちょっと悲しい書き出しでしたが、歌会SUN-SUNは明るく
楽しく始まりました。


雨戸を開けたら裏の畑に
狸の一家が日向で毛繕い
住宅事情も
食糧事情も
厳しい昨今、お察しします

 狸はけっこう平気で人間のいるところにも出てきますよね。
 でも、朝から畑にいたとは!夜しか見たことはありません。
 山の食べ物が少ないから、畑や人間から餌を得ているの
 しょう。

 生態系を壊した人間の罪ではありますが、餌付けは
 されないほうが良いと思います。


あれだけおしゃべりの
女性が
黙々とメール
あたまの働きは
100パーセントお喋り

 確かに!メールはしゃべりながらはなかなか出来ないもの。
 若い方なら別でしょうが。
 
 普段おしゃべりの女性があまりにも
 黙ったままメールをされているのをみて、作者の目は
 レントゲンのように彼女の頭の中を観察、お喋りの声まで
 聞こえたのでしょうか。


古都の
蕎麦屋の二階で
落語を聴く
古人の愉しみに
浸るひととき

 風情がありますね。
 古都は鎌倉あたりでしょうか。
 蕎麦屋の2階での落語とはまた粋です。

 こういう遊びはせいぜい江戸時代ころからでしょうから、「古人」は
 ちょっと言いすぎですね。「昔の人は」くらいで。


私の歌

霞に
身を任せても
シルエットは
くずさない
富士日本一の意地

 別に富士山が意地っ張りというわけではないのです。

 雪の冠さえもわからないくらい、山全体は霞んでいるのに、あの
 美しい稜線はすっきりとしている姿をみて、日本もかくありたい。

 5行目は韻を踏んでちょっと遊んでみました。
 ここが嫌い、と言われてしましましたが・・・笑
[PR]
by machako-hamakaze | 2010-02-19 08:53
<< 歌会「はなみずき」1月 さくら会 >>