excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


かすみ草

はなみずき代表さんのK音さんは、かかさずご出席でしたが、
ご家族のことで今回はご欠席ですね。

みなさん、きっと寂しかったことでしょう。
明るいK音さんがいらっしゃらないと、静か?
あ、これ人に言って見たかったです。

なにしろ、ある歌会の2次会でちょっと席を立っていたら、
「あれ、Mちゃこはいないの?どうりで静かだと思った・・爆笑・・」
ということがありましたので。

え?誰がそんなことを言ったのかって?
はい、忘れもしません。K雲さんです!こういうことはしっかり
覚えています(笑)


窓ガラスに
赤いクレヨンで
かいたらくがき
毎日眺めていた
父と母

 作者が幼いときでしょうね。らくがきをみながら、本当は叱り
 たいところだけど、あまりに可愛いらくがきに、何日もの間
 見とれていらしたのでしょう。

 作者にとっては、ご両親の愛しい想い出ですね、きっと。


父の時代は
男子厨房に入るべからず
思い浮かべると
濃い味でも うす味でもなく
心に沁みているあじでいい

 「男子厨房に入るべからず」の時代でも、お父様は勇気と
 愛情をもって厨房に入られたのでしょう。

 そのお味は忘れられない「心に沁みるあじ」なのですね。

 とても良い素材ですが、ちょっと惜しいですね。

 1行目で懐古されていることがわかりますので、3行目は
 なくても良いのでは。
 
 それと、5行目、「でいい」が4行目からのつながりを悪く
 しているようです。取ってしまうか「父の味」とかにされた
 ほうが、良くわかると思うのですが・・・
 

お母さんに叱られた幼な子
「おばあちゃんに
うさぎのピコちゃん会わせて
あげたかったのに・・・」
涙うるませ何とも愛おしい

 可愛い情景です。幼な子のしぐさ、ことばが見えて聞こえる
 ようです。

 ピコちゃんを、おばあちゃんに会わせようとして、叱られたと
 なると、おばあちゃんはご病気だったのでしょうか。
 ピコちゃんを連れていってはいけないところだったのでしょうか?
 
 作者の目線が優しいだけに、そのへんがわかるともっと良い
 お歌になると思います。
[PR]
by machako-hamakaze | 2010-02-23 16:05
<< ヘリオス歌会発会 患者会コスモスさんの五行歌サークル >>