excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


鎌倉歌会

広島に行ったので、久しぶりに鎌倉歌会お休みしちゃいました。
残念!


恋鳴きの黒猫が
誘いに来るので
ロン・ロン・ロン・と
共にタンゴを踊りましょう
朧月の眠れぬ夜は

 黒猫のタンゴ・・・という歌がありましたね。
 あの可愛らしい少年の歌声とはちがい、大人の色気のあるお歌
 ですね。

 眠れぬ夜の思いは様々です。


就職のため 君が上京する日
お互いに示された道を歩こうと
私たちは意志ある決別をした
春の小雪はひらひらと舞っては
地に吸われ 消えていった

 かつてのことを詠いながらも、今の作者のご意志が見えてくるような
 強いお歌です。

 その決意が決して、揺るがないものであっても、一抹の寂しさや
 湧いてくる思いがあることが感じられます。



雑踏の中を
敏捷性トレーニングの場とし
スイスイを目指すも
立ち往生ばかり
あゝ、この悔しさったら

 雑踏の中で人にぶつからず、傍若無人に押し寄せてくる人並みを
 すいすいと避けて歩いていくのは、難しい。

 昔、初めて上京してきたとき、人の多さにめまいを覚え、交差点の
 まん中で立ちすくんだことを思い出します。

 でも、今となれば、敏捷性の訓練と割り切り私もスイスイを目指し
 ましょう。


私の欠席歌

群青の夜空
散らばった雲に
隠れても
この世は
我が照らすと 月

 まばらな雲なので、月は見えなくても明るい夜。
 やはり夜は月夜であって欲しいもの。

 
 
[PR]
by machako-hamakaze | 2010-04-03 10:50
<< 火曜歌会(3月16日) 横浜木曜歌会 >>