excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


藤沢日曜歌会お花見歌会(4月4日)

三月の末からずっと忙しい日が続いて、あっと思えばもう4月も終わりです。
荒れたお天気も、ひとまず落ち着きそうな、これを書いている29日から
ゴールデンウイークですね。

2日から身内のお祝いで留守になりますので、少し続けてアップしないと。


藤沢の新林公園のお花見歌会には33人の方がいらしてくださいました。


曇天の空に
ふっくら
桜が咲いて
ふっくら
辺りが暖かい

 なんとこのお歌は最初、左から書かれたとのこと。
  つまり、「辺りが暖かい」から始まったように見えたのです。
 (プリントでは右からに直しています。)
  
 でも、こうしてみると、逆から読んでもなんとなくお歌に
 なっているのですよね。
 
 不思議なお歌でした。


新林の
丘を巡る
濃淡の桜を
仰いだり
見下ろしたり

 このさりげない表現がなんとも味わいがあります。
 繰り返す季節、繰り返す時間を、人がどのような心境で過すのか・・・

 淡々とした中に深さを感じます。


沸き立つほどの緑
うぐいすの声の力強さ
懸命に咲く野の花
春が私の背を押す
「こうしてはいられない」

 5行目に共感しました。
 春、ひそやかに、または音たてて時がながれ、まわりの風景が
 変化していきます。
 あおられるように、思ってしまいます。
 「こうしてはいられない」


私の歌

私を
待ってくれたわけじゃなかった
受粉しなければ
散ることはないと言う
桜という花

 出席予定の方が11時半を過ぎても来られなくて、連絡もとれず、自宅
 にもいらっしゃらない、すわ!事故にでもあったのでは、と気をもんだり
 していて、なにか落ち着かず、今年は集中できませんでした。

 前日の講座で受講生の方から、この事実をうかがっことをふと思い出し
 例年、お花見にいつも咲いていてくれる桜に、「私のため?」とか
 うぬぼれていたのですが・・・もちろん、そんなことはなかったのです。

 たまたま受粉をしていなかったから・・・科学ってやつは!(笑)
[PR]
by machako-hamakaze | 2010-04-29 22:40
<< 歌会SUN-SUN(4月6日) かすみ草歌会(4月2日) >>