excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


藤沢日曜歌会(5月2日)

夫の甥の結婚式当日で私はH野さんにお願いして欠席でした。
四国の高松での式でしたから。
おいしいおうどんの話は前にいっぱい書いたので省略・・残念!

連休中にもかかわらず18人の方がご参加してくださったそう
です。ありがとうございました。
H野さん、お世話さまでした。


あなたの家よ と
携帯の航空写真を
見せられて
顔で興じて
心は凍る日

 本当ですよね。あの、航空写真の精密度といったら、ものすごい
 ものだそうです。
 科学の発展は軍事の副産物です。
 
 この写真を見せてくれた人はそこまでは考えないで、こんなことも
 今の科学ではできるのよ、と喜んでもらおうとお見せしたので
 しょう。

 ところがどっこい、作者は物事の底まで見透かす力を持った方。
 この恐ろしさと怒りを5行目で。


道を行くには冷たい雨も
咲き始めた
藤の花房を
水あぶらのように
艶やかに包む

 藤の花は、短く垂れても、長く垂れても風情があって綺麗です。

 今年は5月の雨もまだ冷たい。
 その雨を浴びて、花房が艶やかに濡れているさまを「水あぶら」
 と表現。「水あぶら」とは作者の造語でしょうか?こういう言葉が
 あるのでしょうか?

 なんとも艶艶したさまが、ぴたりと合っている。

 1,2行目の切り方がちょっとひっかるところがありますが・・・


天気がいいから
上着を着たまま
虫干しをする
湿っぽかった気分も
五月の風が乾かしていく

 まあ、なんてお手軽虫干しだこと。
 とっても気に入りました。

 でも、これをやると私の場合は日に焼けて真っ黒になったあげく
 染みだらけの顔になってしまいそう。

 上着も心もお天道さまにしっかり乾かしていただきたいもの。


私の欠席歌

大海を
前にして
岩のくぼみにも
小さな


 岩場で見た風景。そのまま。
[PR]
by machako-hamakaze | 2010-05-24 21:22
<< 風の大会に さくら会(4月28日) >>