excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


藤沢火曜歌会・鎌倉合同歌会

明日から(9月14日)涼しくなるとの予報ですが、今日はまだまだ
暑いです。

今、台所では青唐辛子味噌を作りかけです。
青唐辛子と新ごぼうのみじん切りをいためています。
ゆっくりとからからになるまでいためるので、ちょこちょこと、更新記事
書きながら・・・いつもながらが多いですね(笑)

このレシピはN草さんに数年前に教えていただき、毎年欠かせない
味噌になっています。
ちなみに、梅の季節は梅味噌・・・これまた絶品です。
N草さん、本当にありがとうございます。

そうそう、青唐辛子味噌を初めて作った年のこと。
最初は小さな赤ちゃん青唐辛子で作って、あまりのおいしさに、もっと
作りたくなり、宮城の兄にたのんで、唐辛子を送ってもらたのです。

赤ちゃん唐辛子は素手で、刻んでも何の問題もなかったのですが、
その宮城の唐辛子と言ったら!!!!
超超激辛!!
手は火事のようで、洗っても洗っても、ひりひり。お風呂では泣きそう
でした。
3日間ほど苦しみました。

そこで、その後からは、素手では触らない、刻む時はマスク、と
完全防備でやっています。

さてさて、このブログはお料理ブログではないので、歌に入ります(笑)


ドキッ 目が合った
黒いビキニの似合う
熟年美女
イタリア映画の中と
錯覚しそうな七里ガ浜の夏

 目に浮びます。
 若いころから、ヨーロッパ映画が好きで良く見たものです。
 ソフィア・ローレン、ジーナ・ロロブリジーダ、シルバーナ・マンガーノ
 肉感的で妖艶な女優さんが好きだったので、イタリア映画は
 特にすきでしたね(オヤジか、私は!)

 渚をビキニ姿で歩いてくる姿・・・素敵だったのでしょうね。
  
 
猛暑日に鳴くセミは
正江ちゃんに良く似ている
僕は美津子ちゃんが好きだった
正江ちゃんは僕を好きだと泣いた
もう58年も前のことなのに

 ああ、なんて、正江ちゃんは可愛そうなんでしょう。
 58年たっても、猛暑日にジージーじりじりとうるさく鳴くセミと
 譬えられているなんて。

 でも、好きという感情はどうしようもないもの。
 正江ちゃんは泣くほど、作者が好き、作者は美津子ちゃんが好き・・
 はたして、美津子ちゃんは??

 58年後の正江ちゃん、美津子ちゃんはどうなっていたのでしょう。
 同級会でお会いしたら、その結果を是非また歌にしてください。

 個人名を使って、3人の子供の感情を違和感なく表現された。
 相関関係が解かりやすい。


今年は成功
庭の網棚に
大きな夕顔がゆれる
そろそそ味噌汁にしようかな
故郷の味が懐かしい

 大好きな「夕顔」のことを詠ってくださったので、点をいれて、
 「夕顔」の説明を得意満面にしてしまい、作者から、僕が説明した
 かったのに、と顰蹙を買った私でした。

 本当に夕顔って美味しいんです。冬瓜とちがって、歯ざわりがあり
 独特の風味があるのです。かんぴょうになってしまうのがほとんどで
 あの大きなずんぐりした形では、このへんではお目にかかれません。
 
 作者は信州のお生まれでやはり故郷の味だそうです。
 私は東北。
 兄嫁さんが送ってくれるのを楽しみにしています。

 
私の歌

雨のあがった
夜の
夏草から
睦言(むつごと)の
甘きかおり

 一雨があった夜に、帰宅途中の草叢から、青臭い匂いではなく、日中の
 熱気が雨で立ち上がり、かすかな甘いかおりがしたのです。
 それが、草の睦言のような気がして・・・

 わかりにくかったようです。
 まあ、一瞬の自分の感性です。次に同じような場面に出会っても、こういう
 風に感じるかはわかりません。
 だから、書いておきたかったのでした。
 
 

 
[PR]
by machako-hamakaze | 2010-09-13 11:23
<< 横浜水曜歌会(8月18日) 新横浜歌会(8月15日) >>