excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


SUN-SUN(12月7日)

今日はもう一歌会更新します。

17人のご出席。
SUN-SUNも人数がとても多くなりました。

日常の寡黙から
解き放たれ
しゃべりまくる
おなじ趣味の
男たち

 「日常の寡黙」というところが、日本の男性をよく表わしていますね。
 でも、趣味でおおいに語り合うというのが良いです。趣味の無い人も
 多いですから。

 この趣味は五行歌と思いましたら、碁だそうです。
 碁とか将棋がさっぱりの私は羨ましい限りです。


「殺してやろうかと思ったわ」
夫の薄情を友に愚痴る
つと真顔になって囁く
「気をつけるのよ、分からないようにね!」
ふっ 貴女って愉しくってすてきだわ

 怖いお歌だけど、最後には素敵なお友達を持たれた作者の安堵感が
 でていて「すてきだわ」

 たいていの夫婦どちらも、一度はこういう思いにかられたことがあるの
 では。
 ご友人が「やめなさいよ」とか「バカなことしないで」とか言ったら、つい
 むきになってしまいそうですが、こういわれたんじゃ、笑うしかない 
 ですよね。


朝から私の中で
想いを転がし
悪戯を続ける小猫
夜に尻尾を
やっと掴まえる

 これは歌作りの工程のことだと思いました。
 歌のイメージはあるのだけれど、ぴたりとした言葉がなかなか浮ばない。
 
 おもちゃにじゃれる子猫のように、くるくると回ったり逃げたりする。
 ようやく夜になって、その一端がつかめたような気がした作者。

 上手い比喩だと感心しました。
[PR]
by machako-hamakaze | 2011-01-12 22:28
<< ヘリオス歌会(12月8日) 藤沢日曜歌会(12月5日) >>