excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


戸塚歌会(新老人の会)12月24日

この歌会にご出席の先輩の女性、男性がとっても魅力的で
大好きな歌会です。
還暦を過ぎた私がひよっこの気分になる歌会です。


ピンと言えばカンが
年年歳歳
ズレる ハズれる
トボけている
ワケではない

 カタカナを上手に駆使しておられます。
 1行目がまた秀逸。

 そうでです。
 本人はごく真面目ですが、どうしてもぴんとが外れることがあります。
 決してトボけているわけではありません。
 また、ボケているともかぎりません。
 お若いかたはそのへんどうぞ解ってね。


年の瀬の
雷と大雨
まるで1年の埃を
洗い流して
いるかのように

 この歌会の前に大雨がありました(その後まったく雨が振りませんが)
 作者は社会的にもいろいろあった1年を振り返り、洗い流してくれている
 のかなあと思われたのでしょう。

 「○○のように」とされるのであれば、前の「まるで」はなくても良いのでは、
 と思います。
 歌の場合、比喩の表現としてちょっとくどくなるような気がします。


喫茶店で中の方の席に案内された
「おたばこ」お吸いになりますか「いいえ」
ではこちらですと外の廊下だった
私の口はへの字に、ほっぺは膨らんだ
禁煙条例って誰のためにあるの

 ほんとですねえ。
 文句をおっしゃらなかったのですか?
 その店では吸わない人は廊下ですか?
 
 パリのカフェではあるまいしねえ。

 簡単な仕切りだけで、分けられるのも煙で閉口しますが。

 しかし、こんなに体に悪いと言われ、また受動喫煙の害が言われている
 というのに。
 先日入った中華屋さんでは、祖母と若い母が3歳くらいの女の子をつれて
 タバコをがんがん吸っていました。
 
 私はアレルギーで喘息のようになるので、いそいで店を出ました。
 あの子どもさんが気の毒です。
[PR]
by machako-hamakaze | 2011-01-22 17:01
<< 某歌会(12月25日) 藤沢火曜歌会(12月21日) >>