excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ハマのうたかい(2月3日)

2月と3月は日にちと曜日がまったく一緒です。
ということは、来月のハマのうたかいは3月3日、おひなさまの日
です。
しかも、毎年ハマのうたかいでは、この日、豪華お弁当付きという
うれしい歌会です。
しかも会費はいつもどおり。ふとっぱらの代表さんKみさんありが
とう・・・あ、この太っ腹はあくまでも、あのその、そういう意味では
ありませんんん・・・って、かえって、だめ?

いつもイベントの時は手作りのお料理や田舎から送っていただいた
というお漬物などをたくさん、持ってきてくださるKみさん、本当に
ありがとう。


山茶花の垣根の下(もと)
臨月らしい大儀さおうな
汚い猫と目があった
「安産だといゝね」
話し掛けたのに行ってしまった

 大きなお腹の猫を見かける季節になりました。ひところより、出会
 わなくはなりましたが・・・
 臨月の汚い野良猫に、こういう優しい声かけができるのは、作者
 猫好きかなとおもいきや、実は犬のほうがお好きとのこと。
 でも、そうならそうで、余計に動物への優しさが光ます。

 猫は人間のそういうところに頓着しないところが面白いですね。
 優しくしても、つれなくされても、わが道を行く・・・ねこ、天晴れ。


朽ちた実は落ちるのを忘れても
紅梅 白梅は咲き始め
木々は芽吹きの準備
地中でも動きが きっと!
冬の公園は忙しい

 冬の公園の人もまばらな閑静な状況の中、木々の様子を見て
 着々と春になろうとしている、きっと土の中でも、植物たちは今か
 今かと準備をしているだろう・・・冬の公園は見た目より、ずっと
 賑やかで忙しいのだ。

 5行目が良いですね。


蕗の薹に菜の花
魚屋には白魚の姿
冷たい風が
頬を撫でて行っても
春は来ている

 そうですね。
 八百屋さんにも、魚屋さんにも、一足早い春がきているのです。
 前のお歌の表現を借りれば、「八百屋も魚屋も忙しい」ですね。


駅のホームで
あなたに気付いてよかった
失いかけたあなたを
手のひらで包む
黒糸で繋がれた円(えん)と縁(えん)

 このお歌をちゃんと解釈できた人は少なかったです。
 失いかけたあなた・・・というと、恋人か?
 でもそうすると4,5行目がわからない・・・
 多分、手袋かなにかを無くしたと思ったけれど、ホームで見つかった
 のでは・・・でもそうすると5行目の「円と縁」が?
 紐付きの手袋ではないだろうし・・・

 と、前の鎌倉歌会での、「お前が離さないだけだろう」のお歌を
 正しく解釈された、かすみそうさんが、これはボタンのことでしょう、と。

 なるほど!そうだ、それで、「円と縁」が繋がりました\(~o~)/

 ああ、面白かった。
[PR]
by machako-hamakaze | 2011-02-26 11:27
<< かすみ草(2月4日) 歌会「SUN-SUN」(2月1日) >>