excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ヘリオス歌会(2月9日)

この週は、6日の10周年記念歌会、ヘリオス、ナイト歌会、鎌倉
歌会、そして、土曜日は5日から変更した講座と連続です。

そして、10周年記念歌会でダントツの第1席だったN草さんが
ヘリオスでもまたまたの第1席です。
歌の神様が降りてこられたのかもしれません。

ハマ風お楽しみに!


主(あるじ)の決まらない
更(さら)地に
増え続けた水仙
冬のうす陽浴び
無心に香り放つ

 中々家のたたない空き地には、私はなぜか思いいれがあります。
 このお歌も好きなお歌でした。

 後3行で、寂しさや空しさよりも、明るさを感じた方がけっこう多かった
 ようです。作者は逆の、もののあわれを感じていたようで・・・

 そのためには、後3行のもっていきかたを、ちょっとだけ変えると
 真意伝わるのでは、と。作者にもお伝えしました。


もらった植木鉢の
底のお皿
きれいに洗ったら
輝く気品で
我が家の食卓を圧倒する

 このお皿が、現在どういう使われ方をしているかで、意見がわかれました。
 たいていの方は、きれいに洗って、飾っておられるのでは・・・と。

 私とあとお一人の方は食卓と書いてあるから、食べ物をよそって使って
 おられるのでは、と。

 お宝鑑定団でも、ぞんざいに扱っていた器が実はすごいお宝だったとか。
 また逆もあります。

 持ち主が、良いものと思えば、それで良いのでは。
 (どうも、やはり食器として使っておられるような口ぶりでした)


徘徊の門はチェーンで二重三重
風呂、トイレは抱きかかえ
「いつまでも一緒だよ」
老夫の言葉に
「一緒だよ」と 谺(こだま)を拾う

 徘徊をされる家人のために、門は何重にもチェーンを巻き、
 お風呂もトイレも抱きかかえている、介護される方のご苦労を思います。

 その苦労の中、この方は「いつまでも一緒だよ」と声かけされるのです。
 その意味を知ってか知らずか、オウム返しの「一緒だよ」と老妻は
 応える。それがまるで谺のようだと。

 このような気持ちになれるためには、このご夫婦の歴史があるの
 でしょう。
 作者は現代の重い問題を、重厚な歌にされました。


八百長 八百長 と
言うなかれ
永田町の先生方は
公約違反に
知らん顔

 もう、なんのコメントもいらないお歌です。
 叱られるかもしれませんが、たがが相撲。

 永田町の先生方が預かるのは国民の命です。


私の歌

若き日の
選択のあやまち
ああ
私から去っていく
しあわせと 歯!

 はい、選択を間違えると、幸せからほど遠くなってしまうのですよ。
 そこの、おじょうさん、気をつけてね・・・って、なんのことやら。

 仕事をやめるので、健康保険の利くうちに歯のメンテナンスにと、
 行った歯医者がひどかった。とにかく抜けぬけという時代。

 良い歯も抜かれ、酷いブリッジをされてそれもすぐにだめになり
 この歯科のたたりで、私から何本の歯が去っていったか。
 そして、おいしい硬めのものを食べる幸せが去っていった(涙、涙の
 物語・・・)チャンチャン
[PR]
by machako-hamakaze | 2011-02-28 15:13
<< 横浜木曜歌会(2月10日) かすみ草(2月4日) >>