excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


藤沢日曜歌会(5月1日)

五月になりました。

早いものです(と言ってもこれを書いているのは6月2日)

この日、なんと1席が3首でました。

それぞれに、しみじみした良いお歌で、珍しく1席のお歌3首に2点ずつ
いれさせていただいておりました。

一席以外にもたくさんの良いお歌が。

芽吹きの風に
一筆をそえ
谷渡る
吉兆のうぐいす
山もほころぶ

 「山笑う」という季語がありますが、それに近いけれど、柔かい表現ですね。
 
 前4行は、和菓子やさんのコピーに使えそう。
 え?なんのって?
 もちろん、うぐいす餅ですがな。
 鶯色のお菓子に一はけの風のような練菓子が乗っていて・・・
 おお、おいしそう!


日ぐすり 時ぐすり
薄れてゆくこともあるが
積み重なってゆくこともある
重くて 時には
押し潰されそうになる

 そうなんですよね。
 私も時が解決してくれる、という言い方には疑問があります。
 と、言うか、その「時」というものは本当はとても長いスパンのことを
 言っているのではと思うのです。

 安易に使えることばではありません。
 でも、その「時」がただ過ぎることを受動的に待つばかりではなく、
 ゆっくりとで良いから、自分をその呪縛から解放していくことも
 大切だと思うのです。

 とにもかくにも、自分も人もままならぬもの。

 
「あの人は粋だねぇ」
「行きばっかりじゃあ、帰りがなくちゃ困るよ」
老女の会話
この人
洒落てるねぇ!

 こんなおばあちゃんたちの会話を私も聞いてみたいです。
 2番目のセリフ、ちょっと「粋」といわれた人に対抗心があるのか
 どうかはわかりませんが、江戸のおかしさもあり、また
 フランスのエスプリのような、ちょいと風刺もこもっていますよね。


酒を控えなさいと云われ
ウイスキーにした
実直な父の数少ない
柔軟な解釈がなつかしい
もうすぐ祥月命日

 5月6日が父の祥月命日です・・・・あ、この歌酒田の私の兄の歌です。

 何よりもお酒が好きで、医者に言われたことばを、他の人からみたら
 云いように解釈している、云われそうですが、本当に真面目な父
 でしたから、酒じゃない、ウィスキーだから良いんだ、と本当に思って
 いたのかも・・・な、わけはないのですが(笑)

 去年は母の祥月命日に初めてお墓参りしてきました。父の命日は
 連休と重なり、いつも混むので前倒しの法事です。
 来年にでも、祥月命日にお参り行きたいものです。


私の歌

桜は咲く
だれ一人
見る姿なくとも
あまたの魂が
愛でてくれているから

 あの被災地に咲く桜。
 瓦礫の中に咲く花、放射能汚染で人っ子ひとり居なくなった町に
 咲く花。

 どれだけ人々が心を寄せているか、魂だけになっても愛しているか
 桜はきっと知っている、と思って書きました。
 
 
[PR]
by machako-hamakaze | 2011-06-02 10:19
<< 明日から 歌会「SUN-SUN」(5月10日) >>