excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ハマのうたかい(5月12日)

連休なので、開催が一週間ずれて第2木曜日でした。


子供等を見守るように
風を
いっぱいに吸い込んで
大空をゆったりと
泳いでいる

 歌会の時は、このお歌の良さがわからずにいました。
 今、なんとなく、力の抜けた歌を書きたいと思っています。力、ですよ
 気の抜けた、ではありません!(あ、力が入った・・・笑)

 このお歌のなんと伸びやかで、心地よいことでしょう。

 あとから、とっても好きになったお歌でした。


就職と転勤
同居の孫二人
ともに地方勤務
この春訪れた
寂しさ 少し

 寂しさを少し、と言っておられますが、相当お寂しいことだと思います。
 でも、お二人のお孫さんとの同居が20年以上おありだったことが
 うらやましいです。

 ご家族の仲のよさみえますが、努力もいっぱいあったことでしょう。

 しみじみと、人生が見えます。
 喜びも、哀しみも、寂しさも・・・・こういった静かな表現が心をうつもの
 ですね。


鯉のぼりの代わりに
ブルーシートが屋根を覆う
故郷の町
今年だけの
光景であってほしい

 あの震災は東北地方だけではなく、北関東をも遅いました。
 報道も被害のひどいところを移しますが、そうではなくかなりの広範囲で
 被害があるのです。

 いつもは平和な故郷の光景を作者は悲しんでおられます。


私の歌

白く
ぽっちりと 咲く
小さな希(ねが)いだけれど
炎のような思いを
こめている 満天星(どうだんつつじ)

 満天星は春に小さく白い灯りような可憐な花を咲かせます。
 秋には葉が燃えるような赤になります。

 多くの灯火のような花が、被災した人々の無数の願いのように見えて
 一つ一つは小さな願いだけれども、命をかけた赤い炎のような
 願いでもある・・・と思ったのでした。
[PR]
by machako-hamakaze | 2011-06-11 16:54
<< 横浜木曜歌会(5月12日) 兄が仮設住宅入居しました >>