excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第3水曜日の夜は横浜歌会

さすがに、神奈川で一番古い歌会だけに、
今月も21名のご出席でにぎやかです。

いつも採点集計など担当してくださるHさんが
ハマ風編集で一番忙しい時期なので、明日あたり
から忙しくなる私がお手伝いしました。

いいお歌、楽しいお歌がいっぱいです。


私の体は
新任地の都会の
空を飛んでいるのに
私の体の影は田舎の
地面を這っている

 この気持ちはよくわかります。私も田舎は東北。
 上京してからしばらくは、体が宙に浮いているような
 感じでした。体の影というのは心のことでしょうね。
 体と影は離れられないはずなのに、故郷の香りを
 かぐように地面を這っているのでしょうね。


月面から昇る
「満地球の出」にらむ
衛星「jかぐや」なる
科学の視力
まさに神の目の域

 「満月」ならぬ「満地球」という言葉を初めて知りました。
 先端の科学を詠うのに文語調。もう、作者はあの
 方しかいないでしょう・・・と。


息を吹きかけた
手のひら
おでこに 目尻に
ピタッ ペタッ ピタッ
ほんわか シワ取りアイロン

 こんな手軽なシワ取りアイロンがあるなら、女性なら
 使わぬ手はありません。でも疑り深い私は2点いれながらも
 作者を確かめてから・・と。作者は横浜歌会随一の美女の
 Mさん。ふん、前からシワなんかないじゃない、と少々
 ひがみつつも、今晩からやらねばと決意した私でした(笑)


やっと道が広くなって
快適だ
気がつくと
幅がわからない
荒れた路も回り道もいい

 このお歌は4行目までは自由になられた作者が、少々戸惑いを
 感じるほどの自由さを詠っておられるのがよくわかります。
 でも、5行目が飛んでしまいます。3,4行目がなくて5行目なら
 わかります。このお歌の魅力は3,4行目だと思いますから、
 5行目を工夫されるか4行目から5行目の改行に一工夫されると
 とても深いお歌になって、またわかりやすいと思うのです。

 欠席歌から

あたたかな
春陽
浴び
地球を
休む

 たった14文字の五行歌。ここまで短いと言いたいことがわかり
 にくくなるものだが、このお歌はじわっと作者の思いが伝わって
 くる。何かと騒がしい世の中、年金だ、後期高齢者だ、エコだ、
 公害だ、温暖化だと、落ち着かないこの地球まるごと、何ある
 しらんと注ぐ春陽をあびて本日休業の札をたてたようだ。
[PR]
by machako-hamakaze | 2008-04-18 18:20
<< 歌会にもいろいろあって 4月第2週は歌会ラッシュ >>