excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


97歳の婦人もご参加

5月1日、の「ハマのうたかい」には、なんと97歳の女性が
ご参加です。今回は「見学です、いないものと思ってください」
とユーモアたっぷりのご挨拶ですが、コメントお願いすると
いないものなのに、とおっしゃりながら答えてくださいました。


立ち姿美しい一八(いちはつ)は明治の女性(ひと)
向き合うチューリップは現代っ子
共通の話題は
お日和のこと?
今、横切った黒猫の噂かしら?

 このお歌の作者は70代の方。まずは一八というものが
 わかりませんでした。ずるしてお隣の方にうかがうと、
 あやめのようなお花だとか。
 そうとわかれば、お歌が生き生きと語りかけてきます。

 一八は「鳶尾、一初、逸初 」とも書くそうで、乾燥に強いため
 昔は茅葺の屋根に植えられたとか。防火、魔よけの意味も
 あったそうです。防火から鳶の文字が当て字でつけられたの
 でしょうね。


エコーで写し出される
臓器内の石
「立派に育っています!」
って
真珠じゃないんですから

 大変な状況なのに、ユーモラスに詠っておられます。
 まん中のセリフは石だけに医師が言っておられますって、
 すみません、また駄洒落でした。このセリフがお気楽な
 医師、皮肉な言い方、ユーモラスに言ったと意見が
 分かれました。

 実はこれは胆石とのこと。同病だった私はお歌のことを
 さしおいて、お話がはずんでしまいました。
 お大事になさってください。胆管のところにつまらなければ
 痛みもないので、無理に切ることもないと思いますが・・・


倒しちゃったのか
倒れちゃったのか
ワイングラス
さすっても戻ってくれない
君だけのいとしさ

 前4行が大切にしておられたワイングラスへの思いがよく
 伝わるのですが、私は5行目がちょっとわかりませんでした。
 特別にいとおしんでおられたということを言っておられたの
 でしょう。かなり高価な紙のように薄い、グラスだったそうです。
 ご自分で倒したのだということを、認めたくないと。
 まるで、愛しい女性を亡くしたように詠われました。


新しい歌会が産まれようとしています。
ミニ歌会の様子は次の更新で。
[PR]
by machako-hamakaze | 2008-05-03 22:20
<< 歌会誕生前のミニ歌会 行けなかった歌会も >>