excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


患者さんの会の五行歌サークル

年賀状に五行歌を印刷するようになったことがきっかけで、夫の仕事関係の
方が私の五行歌を読んでくださり、興味を持ってくださった。

その方が患者会コスモスの会の代表さんでらっしゃるOさんです。
それがご縁となり、大分前ですが、一度コスモスの会でお話を頼まれ
ました。おそらくあれが人前で五行歌のことを話す初めての時だったと
おもいます。偶然、ある歌会で一度お会いした方がいらっしゃいました。
ご家族としてでした。

患者会は原則ご本人とご家族が会員になられます。

五行歌知っていますし、私のことも知っていますと、その方がおっしゃって
くださりとても気が楽になったことを今でも覚えています。

それから何年かして、今度は会の中に正式なサークルとしたいので
五行歌の話をしてください、とのお申し出をいただきました。

夫の仕事の関係から免疫力アップの一つになるのではと
かねがね考えていましたので、喜んでお引き受けしました。

私の拙い話のあと、即詠をしていただくと、みなさん、見事なお歌をたくさん
書かれます。真情あふれるお歌ばかり。
私も教えていただけることがたくさんでした。
それから患者会の方がたくさん「ハマ風」にご入会してくださったのです。
その中には千の風になられた方もあります。
ステキな思い出をいただきました。

23日のサークルでのお歌です。

ばあば
「いっしょうに、ごはんたべよう」
かたことで言えた
一言が
うれしくて
       お孫さんのことばに作者の方言が入り可愛らしいお歌でした。


落花の雪道をふみながら
命のつながり診察の館へ
昨年も通ったなあ
過ぎし一年の重さ
心に刻む
       「落花の雪道」は八重桜の散ったさまですと、もうサークルは
       何回もご参加の方。


必死に生きて来て
バタン、キューの
翌朝・・・
バタンも キューも
私流
       1行目から、もしかしたら最後の時のこと?という意見。でも
       作者は毎日が必死で本当にバタンキューなのです、と。


「最高の人生の見つけ方」
「ママ、人生 見つかった?」
まだまだ やりたいことは 山ほどある
楽しいこと いっぱい
一緒に 歩いて行こうね
         
     若いお母様の胸せまるお歌でした。1行目はジャック・ニコルソン
     と、モーガン・フリーマン主演の映画のタイトルです。

 かかえてらっしゃるものが大きければ大きいほど、人は豊かな心を持って
 生きていかれるのかもしれないと、私はこの会にでると教えていただく。
 
 一回おきに私が講師を推薦して、いろいろな方にその人なりの五行歌を
 お話していただいております。HさんやTさんにもお願いしました。
 次回は10月。どなたかにお声をかけましたら、お引き受けくださいね。
 
[PR]
by machako-hamakaze | 2008-06-27 16:32
<< K歌会の今回の題詠はあやしくも... 講座2つ >>