excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


藤沢火曜・鎌倉合同歌会

8月は藤沢市民会館が改装のため、日曜同様に市民活動センターを
借りたいと思っていたけれど、なんと活動センターは火曜が休館日。
そこで、火曜の子供歌会である鎌倉との合同歌会となった。
会場は鎌倉芸術館。

先月火曜歌会で一席になられたH村さんが鎌倉初めてのご出席で司会。
S郷さんもお久し振りのご出席で12人。

おやつに、お饅頭の天ぷらを出かける直前に作って持っていきました。
昔、父の転勤で、山奥から出てきたとき、社宅が空かなくて、しばらく
お寺に間借りをしていたことがありました。
今思えば、ふすまで仕切った間借りですから、プライバシーもなにも
あったものではないですね。しかも鍵もないのに、どろぼうとかも
全然ありませんでした。

で、お家賃を持っていくのがすぐ上の兄と私の役目。すると、必ず
住職さんの奥様が(大黒さまというかな)お駄賃に、お供えのお菓子を
くださるのですが、なんか混ざり物いっぱいのまずい砂糖菓子のときは
二人がっかり!でも、お饅頭の時は飛び上がって喜びました。
そのお饅頭ももうぱさぱさになっているのですが、母が4つくらいに
切って天ぷらにしてくれるのです。濃い目にといた小麦粉に塩を入れて
からっとあげると、できたてのお饅頭より美味しいのでした。
何もない時代だからではなく、今でもそう感じます。

結婚して子供が小学生のころ、ふと思い出して、子供のおやつに
作って、夫にも食べさせたところ「こんなにおいしいもの、何でもっと
早く作ってくれなかったのか」と怒られてしまいました(笑)

残り御飯をあらって干して、油で上げて黒砂糖衣をつけたり、
やはり残り御飯に、イリコを粉にしたもの、紫蘇、ゴマなどをいれて、
おにぎりにしてから油で揚げたり、近所では「おばあちゃんの知恵袋」
と30代はじめにして言われていました。母のお蔭です。

と、歌からは大幅にずれてしまいましたね(笑)


二十三年連続で
日本の女性が
長寿世界一
働き蜂だって
頑張らなくちゃ

 めでたいことではありますね。もっともこのままずっと長寿世界一が続くとは
 思えませんし、後期高齢者問題とか年金とか負の部分も多く、手放しで
 喜んでもいられないことが多いです。
 それでも、働き蜂といわれ続けた男性だって、女性に負けじと長生きして
 ください。
 ちなみに、男性は世界で3位だそうです。



平和の水は
決して涸れない
汲み上げる釣瓶(つるべ)に
核廃絶への
希いを込める

 一読、作者のわかるお歌ではあるが、この希望がなければ、唯一の被爆国
 である日本で、これからを生きることは難しい。
 広島、長崎とビキニ環礁での被爆と、決して忘れてはいけないことなのに、
 新聞の一面の見出しにさえ載らなくなっているこの時代。
 その中でアメリカでの原爆への反省をする元政府高官たちがいて、また、
 こつこつと被爆体験を語り続ける人たちがいて、教育だけではできないことを
 続けていかれたり、それが平和の井戸を枯らさないということなのでしょう。



裏返しか半返し
出来ずになやむ
言葉の遊び
アーア ムズカシイ
心の五行歌

 1行目はお裁縫で使う言葉。
 思ったままをそのまま書く、とは言っても、悩ましい表現方法。
 くるりと裏返して思いを深く秘めてしまうか、半返しの状態くらいが、わかり
 やすいか・・・
 ホント、アーア ムズカシイ のです。心を詠うのは。



夕日を浴びて
アキアカネとんぼが
群れをつくる
お盆には帰る、と言った
あなたに逢いたい

 「お盆には帰る」とおっしゃった方はもう、この世にはいらっしゃらないのかも
 しれません。その言葉を聞いたがゆえになおさら逢いたい気持ちがつのる。
 また、恋の歌と取れば、都会に行った恋人が「お盆には帰る」と言ったのに
 帰っては来なかった・・・・逢いたい、とも。
 作者のコメントは、なくなられた方への思いとのことでした。



八月の日影を
選びながら
帰る道は
少し遠くなるが
干し草の匂い

 大好きなお歌。
 本当に、日影だけを選んで家まで帰れるならどんなに良いでしょう。
 たいていは途切れたり、違う方向へ。
 少し遠くなっても、干し草の匂いのする道を通って帰る作者は、
 遠回りしながら、子供のころへも帰っているのではと思えます。



ひとつヒトツの
道程(みちのり)が
ほのかにパステル調
きっと曇りだって
ラメ入りグレー

 ステキ!人生の道のりは決してたやすい道ばかりではないですが、
 こうして、パステル調だと思えれば、苦労も苦労と思えない。
 曇り空だって、ただの灰色の曇り空ではない。
 そこには、きらりっと光るラメが。パステルもラメも自分で入れられる。


九月の鎌倉歌会、こんどは、こちらの会場が取れずに、藤沢市民活動
センターで行います。
代表さんはじめ、皆様、間違わないようにしましょうね(笑)
[PR]
by machako-hamakaze | 2008-08-19 11:39
<< 涼しい日曜日 歌会ラッシュなかびのハマのうたかい >>