excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


患者会コスモス の五行歌サークル

私はいも煮会の前日にアクシデント、ある方に注意欠陥多動障害と名付け
られてしまった、まあ、いわゆる粗忽がたたって、足にケガ。
翌日だったこの日のサークルは欠席でした。

代表さんのO方さん、お世話役のH原さん、そしてご意見番の篠笛さんたちが
いつも雰囲気の良い会にしてくださいます。

今回はK雲さんがお話にお話をお願いしました。わかりやすく、みなさんの
ご要望に添われた良いお話だったとのこと。さすがです。


「アッパ(母)の話コ
面白(もしろ)かったなあ」
「ジホ(うそ)混ぜ混ぜ
 ホラ吹き吹き・・・」な
「ええー、そうだったの・・・」

 昔の母や祖母たちは、ただ普通に方言でお話をしてくれるだけで、今の
 昔語りの人たちのようだった。田舎の家の主婦であるのに、大変な生活の
 中から、ユーモアを汲み取って、辛いことも笑い話にして、「ホラ吹き吹き」
 子供たちに語ってくれた。子供たちはそれを本当と信じて、目を輝かせ
 話に聞き入ったものだ。
 方言の会話が素敵です。


何にでも
おまけと言うもの
あるだろう
あと三十分と
ベッドでねだる

 そう、何でもそのおまけがうれしく、たのしく、おいしいのですよね。
 初めての方ということでしたが、短い言葉で過不足なくいかにも五行歌らしい
 お歌を詠まれました。
 またいらしてくださいね。


こんがらがって はみ出して
ゴチャゴチャのつるの中から
青いあさがおが一輪
最後の自己主張している
十月の午後

 ときどき、こういう場面を見かけます。
 夏の間、毎朝律儀に咲いて、人の目を楽しませたアサガオだもの、最後
 くらい、ねばって咲いてもいいですよね。一日限りの命。いつ咲こうとも・・・


 
[PR]
by machako-hamakaze | 2008-10-19 11:00
<< SUN-SUN・・・これも足の... 欠席した歌会が続きます。 >>