excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


SUN-SUN・・・これも足のせいで欠席(涙)

まだ、発会して間もないSUN-SUNだから、無理してでも行きたかった
けどこの日は怪我して3日目。

骨には異常がないようだ、と整形さんでは、湿布しかしてくれなかったので、
前にもお世話になった接骨の先生のところで、しっかりテーピングをして
いただいた。それでも、まだかなり痛い。もしかして折れているかもしれない
ので念のためその処置を、と。ああ、足に難のある私!え?難があるのは足
じゃない・・・もっとずっと上のほう?   はあ~ 確かに(しくしく)

でも、この日、我らがH野さんが出席してくださり、見事、代表のN子さんと
同点一席。さすがです。お二人らしさが表れた名作はハマ風23号で。


喜びも
悲しみも
陽炎となって
昇華して行く
「老い」の特権かも

 この方、講座で五行歌をはじめられたとは思えない、お歌を書かれます。
 お見かけがお若いのでご年齢うかがうとちょっとびっくりなのですが、
 人生の紆余曲折を経験された方。
 作者がわからずとも、この歌は素晴らしいのだが、作者がわかるとより
 しみてくる。

 過去のもろもろが陽炎となって、わが身とも何処ともなく昇華していく。
 仙人のような方・・・かな。


お洒落して
ハイヒールで出掛け
帰りは足をひきずり
百円スリッパで
やっぱり・・・でした

 もう、大笑いです。いや作者は痛かったのですよね。
 百円スリッパというものがある時代で本当に良かったですよね。
 素敵なハイヒールは手も持って?
 足元さえみなければ、映画のよう・・・・笑
 痛い経験もこうして楽しく良いお歌にできれば、最高です!
 
 私も大分昔ですが、ブランドのお洒落な靴を履いて意気揚々とお出かけ
 しましたが、試履したときは良かったのに、長く履いていたら、もう足が火事
 のよう。まだ百円ショップという便利なものがない時代。私は裸足で靴を手に
 持ち一見映画のようだけど、足をぴょこたんぴょこたん引き摺って・・・
    映画とは程遠く・・・でした。


体力年齢18才
筋力年齢21才
測定結果に気を良くし
ウキウキ気分で鏡を覗く・・・と
年齢通りのオバサン顔が・・・

 楽しくて、やがて悲しき・・・いや大笑いのお歌。いえいえあくまで読み手に
 とってですよ。でも、作者を知れば、なんですか。あの若々しいK西さん。
 オバサン顔なんておっしゃったら、体力も筋力もそれなりで、もちろん
 鏡の中はそれなりの方(あれ?私?)が気分を悪くしますよ!
  
 こうして、負の部分も楽しい五行歌にすると、わははと笑っていられます。
 五行歌効果ですね。
 私も人間お笑いの塊のようなのに、歌となると意外とユーモア歌が少ない。
 もっと楽しい歌を書いてみたいです。

 さすがSun-Sun、格調高いお歌からユーモアのお歌まで満載でしたね。
[PR]
by machako-hamakaze | 2008-10-21 17:00
<< 和室での鎌倉歌会 患者会コスモス の五行歌サークル >>