excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


水曜なのに火曜歌会とはこれいかに?

第二火曜日が休館日で、おまけに第3は行事があって、会場が取れ
なかったということで、市民活動推進センターでの開催。ここは火曜が
定休日なので、こういうことになりました。

そんなこともあり、K雲さんは午前のさくら会、午後の火曜歌会と
あいなったわけでした。お疲れ様でした。

あまりのややこしさに、間違える人がいるのではと心配しましたが、
思わず間違えそうになったのは私!
H野さん、A野さんとご一緒なので、助かりました。


都内で
一人暮しを始めた息子と
「回転しない寿司屋」でデート
積もる話にお酒の量も増え
母は うれしかったのです

 もう、涙なしには読めない歌です・・・え?どこが?って。
 そりゃあ、息子さんとのさしつさされつ・・に決まっています。
 のん兵衛夫婦の一人息子(うちの)はなんと下戸!夢にまで見ていた
 息子とお酒を酌み交わすということが出来そうも無い私。
 もちろん都内の「回転しない寿司屋」も羨ましかったですが(笑)
 5行目がとくに、とってもとっても、良いです。大好きなお歌でした。


取り払われた
犬小屋の跡に
お気に入りの
赤いかみかみボール
ぽつんとひとつ

 このお歌も涙なしには読めません。最近友人が10何年も飼っていた、
 家族同様のわんちゃんをなくしたばかり、私も何度か会ったことがあり、
 その悲しみをみじかに感じていたから、余計に。
 作者は犬小屋をご主人が取り払って下さる間、電車に乗ってS県まで
 往復していらしたそうです。


花らしくなく
謙虚にうつむき
いつの間にやら穂波となって
ほわほわと優しく手招く
すすき野原

 本当に、すすきって、不思議な植物です。
 花が花に見えません。うつむいているところが、謙虚ととらえた作者。
 さみしげに、揺れるさまは人を招いてでもいるようで、すこし不気味に
 思う人も居ます。「ほわほわ」とやさしい表現で、すすきが愛らしい花に
 思えました。いつもながらの蛇足ですが、5行目がなくてもよくわかるなあ
 と。でも、やはり5行目がないとわからないというご意見もありました。


今回思いがけなく一席いただきました。
席を譲るというよくある話だったのですが・・・
しかも、いつも上席の人にプレゼント(お菓子の残りなどですが)がいくので、
(いつもいただけないので、いじきたなくも)今回は、後から行きましょう!と
声を掛けたのは私。しくしく、たくさんあったお菓子は第2席の人まで・・・涙
[PR]
by machako-hamakaze | 2008-11-02 11:20
<< なかなか行けないなあ、行きたい... 某K雲さんは今日は歌会れんちゃ... >>