excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


4回目を迎えた、歌会SUN-SUN

歌会SUN-SUNは出来立ての歌会なのに、すぐに展示会という大きな
ハマ風の会のイベントがあり、代表さんはじめ会員の皆様お疲れ様
でした。でも、ご協力ありがとうございます。

代表さんがお怪我をされたりして波乱万丈の歌会ですよね。
私の怪我のときに、大笑いをしたということなので、まずは
転ばれたことには、ご同情しながら、大笑いもさせていただきました。
だって、歌会にいらした、そのお姿が・・・ああ、後はいえない、
言いたい、いや言えない(笑)
でも、とってもお元気な代表のN子さんでした。


不平不満の多かった
あの地 あの家
なのに
離れてみれば懐かしく
良いことばかりを思い出す

 そうなんですよね。人間て、現状に幸せを感じることに疎いのです。
 それが過ぎてしまった時、どんなに幸せだったとか、良かったなあ
 とか、思うのですよね。「故郷は遠きにありて思うもの」という一節
 がありますが、遠くならないとそのよさがわからないものかもしれ
 ません。
 でも、離れても、嫌だったと思い続ける人も居るかもしれません。
 嫌なことを引き摺らないほうが、次のステップへ踏み出せますよね。


お見舞い金出ます
カード会社から知らせ
泥棒に入られたのは
三月半ば実施は四月から
ダブルでついてなかったなあ

 本当に、お気の毒でした。私もひったくりにあったあと、ようやくそういうとき
 でも保障される傷害保険に入りました。
 むしろ、カード会社のその保障なんかなかったほうが、くやしい思いは1回
 で、すんだかもしれませんね。
 ついてない思いを書かれたリアリティー溢れるお歌。


炊き上がった
魚沼産こしひかりの新米
あ~ この香り!
これが
ダイエットの敵なのだ

 わかります。魚沼産こしひかりのあのえもいわれぬ香りと、口の中でひろがる
 お米の甘さ。何杯でも食べられちゃう、というのが実感できます。
 ダイエット中の方は固いお米を良く噛んで召し上がれ!
 2行目で、ぜいたくな、という方がいらしたけど、いつも食べている方なら、
 わざわざ「魚沼産」とは言わないのではと思いました。
 たまたま食べて、感動のあまりのお歌と。
 これは署名歌というやつですね、N子さん!


帰宅した子の
高らかに笑う声きけば
ひねもすの
憂さ
吹き飛ぶ

 子供の笑い声は本当に親にとっては何よりのもの。特に、終日なにやら
 憂さの多い日に、帰宅するなり、高らかに笑う声を聞けば。

 「ひねもす」は副詞だから、「ひねもすの」というのは間違いでは、という
 ご意見がありました。たしかに、「ひねもすのたりのたりかな」というふうに
 使われます。
 でも、「ひねもす」を文語の副詞としてだけ捉えずに、意味だけを現代的に
 つまり、「朝から晩まで」と捉えたら、「ひねもすの」もありかなと。
 でなければ、「ひねもす」と括弧がきにしてもよいかもしれません。
 「憂さ」に「朝から晩までの」とか「一日中の」とかでは、この歌のふんいきが
 でないような気がします。
[PR]
by machako-hamakaze | 2008-11-12 11:03
<< 参加者もすっかり安定した「ハマ... 展示会終了 >>