excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


火曜歌会に続いて鎌倉歌会も大変なことに!

火曜歌会では1席が4人でした。
なんと、、鎌倉では5人です!
鎌倉勝ったあ!って勝ち負けではありませんよ。
今回のレポートはN田さんで、もうお口あんぐり。
1席だけのレポートでは・・・という意見もでましたが、3席までは
載せましょうと、ご苦労をおかけすることになりました。

なので、実は今回記事が書けなくなるところなのですが、
自分の勝手なルールで上席のお歌は「ハマ風」でと
してきましたが、しかたなくルール破りです。
採点方法をちょっと変えたのも原因でした。反省。


あれが なにして
と 話す人
うん それそれと答える人
すごい!エスパーか?
歳とるのも悪くないかも

 1席の作品です。E藤さんのお歌。
 大好きでしたね。エスパーという言葉も懐かしいです。昔好きで読んでいた
 筒井康隆氏の「七瀬ふたたび」という小説を思い出しました。今では
 エスパーなんていわないですよね。超能力、ですか?カタカナのほうが
 なつかしく感じるなんて、不思議です。
 このお歌、耳の遠くなっていた父母の会話を思い出しました。
 夫婦でエスパーだったのかも・・・いいなあ。


40cmの高さについた
柱の汚れ
落とすことは
思い出を消すこと
15年生きた愛犬(きみ)の

 このお歌に出てくるわんちゃんとはあったことがあるのです。すぐに
 作者もわかったのですが、わんちゃんの居た証としての、柱の汚れ、
 きれい好きの作者の愛犬への思いとあいまって、煩悶が感じられます。
 いわば、形見ですものねえ。ホロリとしてしまいました。


「この家の姉妹も御鏡さんだねぇ」
と その男(ひと)の一言に
妹とお揃いの洋服を
二度と着なかった
姉のプライド

 小説の出だしのよう・・・という方がいらして、そうそう、まるで谷崎?
 で、この「御鏡」がびっくりの言葉でした。
 同じ洋服を着た姉妹が鏡に映ったように、そっくり、とばかり。
 「同じ」ということにプライドを傷つけられたのかなと思ってました。
 ところが、これは【鏡もち」のこと。つまり、下が大きい・・・
 姉が妹より小さい、ということだったのです。ああ、そうかと腑に落ちて
 解釈はちがっていたけど、歌の運びがとてもよいと思いました。


作者あてクイズもあって、なんと、8人をあてたのが、本日司会のH野さん。
お歌も1席。E藤さんのお土産の獲れたてシラスをゲットされました・・
グスン、欲しかったあ・・・

さて、前回火曜の宿題・・・笑
皆さん答えは合っていたでしょうか?
自販機に身分明かしたのは、「タスポ」
深夜にタバコを買った人のことでした・・・
[PR]
by machako-hamakaze | 2008-11-20 12:15
<< これって流行? 新横浜歌会でも・・・ 前回が10月22日だったので、... >>