excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


お弁当つき「ハマのうたかい」\(~o~)/

まったく食い意地がはっているもので、最初にお弁当つきと書いちゃい
ました。
でも、新年初の歌会ということで、ハマうたさん、がんばってくださって、
まことにありがとうございました。
H野さんに、遅れたらだめよ、とメールしていたのに、遅れたのは私。
入室すると、みなさん、シーンとして、おいしそうなお弁当を前に、
うらめしげな視線(うそです・・・笑)
みなさん、岡本はきっとビールでも買っているんだろうとうわさされて
らしたそうです。

代表さんのKみちゃんが、昨年はひとりひとりに、「ねずみどし」の折句
お年玉を作ってくださいましたが、今年はおみくじです。
一人一人を思い浮かべて、書いたその運勢は、はたして、その方に
行ったのでしょうか?少なくとも、私は当り!でした。
「心静かにしてよし」みなさん、これを聞いて大爆笑・・・すぐさま、私は
口静かにして、とは書いてないもん。また失笑を買ったのでありました。

歌会は1席は1首でしたが、2席が4首、3席が2首とまたまたレポーター
泣かせになりました。


うしのとし
しとやかに
のんびりと
ともとかたらう
しんねんうたかい

 もう、作者はすぐにわかります。でも、この折句というもの、作ってみようと
 されるとお分かりですが、案外難しいのです。無理やりに言葉あわせに
 なってはだめ。この作者は無理なく、さらりと作られます。
 おわかりですよね。頭が「うしのとし」になっています。さすがです。


命ありて
迎えし新年
又一歩あゆむ
人生最後の
花道と思いし

 1,2行目から、ご高齢の方か、やまいのある方かなと思われます。
 重い内容で、1年1年を、最後の花道と思いながら、真剣にいとおしみ
 生きていかれる、という作者の信念がわかります。
 それだからこそ、この5行目の文語調が気になります。
 自然に、口語で書かれたほうが、より思いが伝わると思います。
[PR]
by machako-hamakaze | 2009-01-11 21:56
<< お弁当付きパート2 鎌倉歌会\... 松の内でも最初の歌会 SUN-SUN >>