excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


お弁当付きパート2 鎌倉歌会\(~o~)/

わっはっはっは・・・
あら、なんとはしたないことでしょう。
心静かに・・・といわれたでしょう?でも口静かにとは言われてない!
と新年からまたまた、一人ボケ一人つっこみ漫才しています(笑)

鎌倉歌会もお弁当付きでしたのであります。
それにつられた、とは絶対言われたくないと某歌会代表N子さん。
でも、鎌倉の重鎮お二人が某歌会にご参加して強力な勧誘の末、ご参加
してくださいました。手作りの千枚漬けと小いわし煮をご持参で。
とってもおいしかったですよ。


母娘(おやこ)が
揃って風邪をひき
寝込んでいる
口喧嘩を聞けなくて
ちょっと寂しいお正月

 年末に一生懸命働かれすぎて、お疲れになられたのでしょうね。
 母娘揃って寝込んでおられるのを、横目でみて、作者はお節を
 つまみながら、一人酒でしょうか?でも、あの賑やかな口喧嘩も
 お正月ならではだなあとちょっと寂しい。ほほえましいお歌です。


元旦の計は
「一怒一老」
「一笑一若」
モタ先生の言う諺(ことわざ)
これでいこう!

 本当ですよね。いい言葉です。
 見習わなくては。作り笑顔でさえ、免疫力を高めるといいます。
 ましてや、心の底からの楽しい笑は。歌会では本当によく笑います。


一日違いの
特別待遇
初日の出という
大熨斗つけて
一年を立ち上げる

 このスケールの大きさには度肝を抜かれました。
 「初日の出という大熨斗つけて」、今まで見たこともきいたこともない
 表現です。 素晴らしいです。
 圧倒されました。ギャフンです。とキリがないくらいの賛辞を!
 この一年を生きる力をいただきました。
 ありがとうございます。


さて、日の出は書けない夕暮れ時の女・・・私(かっこつけすぎ?)

気の合う
女たちの小さな旅
締めくくりは
水平線にとろりと
卵の黄身のような夕陽

 暮に本当に気のおけない女ともだち6人で、鎌倉のちょい旅をしたとき、
 もう、楽しくて楽しくて、笑う、和む、癒される、おいしい、お土産付きと(笑)
 日頃のうさがふっとぶ旅の最後、江ノ電から見た夕陽のきれいだったこと。
 
[PR]
by machako-hamakaze | 2009-01-12 11:33
<< 1月は第2日曜でした・・・・藤... お弁当つき「ハマのうたかい」\... >>