excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


もうすぐ3周年を迎える歌会「はなみずき」

3月で3周年になるのですね。
早いものです。
ういういしく立ち上げられた「はなみずき」も、すっかりベテランの域。
3周年には是非出席しますね。


北風の吹く日
遠く眺めれば
綿帽子かぶり
着飾る山並みの風情に
足取り遅らす

 美しい風景を見たときは、どんなに急ぎの用でも、思わず足を
 止めてしまうものです。
 遠くに見える綿帽子を被った山並み・・・目に見えるようです。

 すべての行の言葉が文法どおりに順序よく書かれています。
 倒置の表現をどこかで使われたりされると、より詩的なインパクトが
 強まるのは・・・と。



初日の出
燃える炎を
ぐっと のみこむ
そして
丹田に 収める

 思わず私も丹田に力が入りました。
 心が弱ったとき、また体が不調なとき、丹田(おへその少し下あたり)に
 くっと力を入れて、ゆっくり息を吐いていくと、収まっていくような気が
 します。
 「ぐっと のみこむ」「そして 収める」の表現が丹田というツボに
 ぴったりですね。初日の出のそのパワーをいただき、丹田に収められた
 作者はきっと今年もお元気のことと思います。



隠れてなくていいよ
追い出しはしないから
いい子の私ばかり集めても
守りきれない時もある
時にはその角(つの)の出番もあるさ

 まことに、まことにその通りですねえ。誰の心にもある鬼は悪役だけでは
 ないのです。時には、外の敵から自分をまもる鎧にも変身してくれる。
 いい子でばかりはいられないこの世です。でも、鬼でさえ身内で
 飼いならせる懐の深さ、やさしさがあれば、やっていけます。
[PR]
by machako-hamakaze | 2009-02-02 10:50
<< 悲しいお知らせが続きました 24人もの方がご参加 横浜歌会 >>