excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


今月も24人のご出席で大賑わいの横浜歌会

出席歌が24首、欠席歌が7首と大忙しです。
またご見学の方がお一人、Y山ご夫妻のご友人の方。お帰りには早速
ハマ風ご投稿会員になってくださいました。
K川さんのご紹介のY山ご夫妻。そしてK川さんはお篠さんのご紹介と、
五行歌の輪は広がっていきます。
うれしいことです。


公衆電話
いざ探してみると見つからず
いつの間にやら
公衆の面前から
消えていた

 まさしく、その通りですね。公衆と名がついて、公衆の前から消えていた・・・
 あら?なんかだれかと似ているような・・・そうそう、国民のために!と
 選挙前は強調していた、誰かさんたち・・・あの方たちに国民のことは
 見えているんでしょうかね。とまで感じさせた、実にまっとうなお歌。


柔らかく しなう
伸びる ふくらむから
喜怒哀楽(きどあいらく)収まる
命の入れもの
頼もしいかぎり

 この作者の取り上げるテーマは一つ。人間の心。
 それをあらゆる表現で突き詰められます。
 しかも、だんだん深くなってきておられます。目新しいテーマも良いですが
 こうして、一つのテーマを掘り下げていかれる作者に頭が下がります。


クンクン
梅の蕾を嗅ぐ後ろで
幼児の含み笑い
「おばさん、戌年生まれなの」
戌年だって!ママー

 梅のかおりを嗅ぐのに、「クンクン」と音までたてて、後でその姿を笑った
 子供に「戌年生まれなの」とわざわざおっしゃった作者が可笑しい。
 子供はきっとその様子に、干支だとはわからず、このおばさんは犬
 なのかしら?と駈け出してママに報告。
 ちょっとしたホラーになったかも。
 カギかっこは5行目につけたほうがより効果的では?


コンプレックスの
固い種子に
ついに光が通る
パッチンと
個性がひとつ咲く

 今日のイチオシのお歌でした。
 とても隠喩に満ちていて、それでいてわかりやすい。
 コンプレックスとパッチンという英語と擬音がマッチしている。
 個性は社会では受け入れられないことが多い。大事なものなのに、
 コンプレックスと感じて引きこもりになる人のいかに多いことか。
 このお歌は彼らに希望を与えると思います。
 私も受け入れられない日々をとても辛い気持ちで過したことがあった。
 五行歌を始めて、それは個性だとわかり、受け入れてもらい、心が
 安定してきたのです。
 

隣席のご婦人は
パズルに夢中
私はメモ帳片手に
一首を求めて
春のことば探し

 私も数独にはまっています。
 特に、五行歌で頭がいっぱいの時は、頭を逆に数字だけにしてしまう
 ために、寝る前などは特にこれが良いのです。
 この隣席のご婦人は私?・・・ではありません。
 5行目の「春のことば探し」がとても良いですね。
 他の季節を入れても、もちろんお歌にはなりますが、この情景では
 「春の」が効いています。


今夜もまた
満月眺める隙間もなく
パソコンとにらめっこ
必要なものは
画面の中に無いと知りながら

 無機質なパソコンに向かいながら、夜空にあるだろう満月に思いを馳せる。
 画面には必要なものは無いかもしれないけど、作者の思いは充分詩的。
 
[PR]
by machako-hamakaze | 2009-02-24 17:02
<< 横浜歌会の前に新横浜歌会でした... 鎌倉歌会・・・つづき >>