excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


火曜歌会

第3週になった藤沢火曜歌会も定着したようで、間違える人も
おられません。
第2週ではこれなかった方もいらっしゃれるようになったようです。


ドライブ中の親子の会話
「あら!この店潰れちゃったね」
「なんで?ベシャッ!ってなってないじゃん」
この日
孫の語彙が一つ増えました

 ほんと、道を行けば、かつて賑やかだった街の店の多くが定休日
 でもないのにシャッターが下りています。
 「ベシャッと」潰れたわけではないけれど、感覚は「ベシャッ」です。
 でも、幼いお孫さんは不思議と思います。
 親子の会話が社会詠になっています。


カップラーメンが食べたい と父
35年振りの感想は
「若い時の方が旨かった」と半分残し
初体験の母は
「美味しいもんだねえ」と完食

 昔、カップラーメンが初めて出たときに、サンプルを食べたことが
 あって、あの時はこんなにまずいものはきっと売れないだろうと
 思ったものですが、あに図らんや、今では家庭内での常備食と
 なり、また災害などでの非常食にもなっています。
 
 そのカップラーメンをお年を召したお父上とお母上が食された
 感想が面白いです。いきいきと光景が目に浮かびます。
 このお歌で、がぜん、カップラーメンを食べたくなった私。
 と、94歳の我らがアイドルK子さんも今日買って帰ると・・笑


いい声で
朝の挨拶
ホーホケキョ
上手になったね
鐘・・・三つ
 
 なんということのない日常のよくある光景が5行目で、いきなり
 面白いお歌になりました。
 説明のいらない、紛れの無さが魅力。リズムもよいです。


亡姑(かあ)さんが残した
ゴムの木は
その三代目になり

私達と暮しています

 このお歌も何気ない人の暮らしのことを詠われた。
 そしてしみじみと、あたたかさを感じます。
[PR]
by machako-hamakaze | 2009-06-05 20:52
<< 新老人の会 戸塚歌会 朗読歌会でのリレー五行歌 >>