excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


横浜歌会・・欠席でしたが

アップしなきゃあ・・・とあわてたもので順番間違えてしまいました。

戸塚の前に横浜歌会でした。
今月はお休みしちゃいました。

当日欠席の方が2名いらしても相変わらずの大人数で23名です。
横浜歌会もそろそろ2つに分けた方が良いかなとお話もすすんで
おります。


浮かれ春の日
薄着が眩しいけど
「いらっしゃいませー」の
洗濯屋さんの春は
真冬の盛りと同棲中

 そうなんですよね。今年は特に、春と初夏と冬の日のような寒さが
 行ったり来たりで、着るものも仕舞うものも定まりません。
 すっかり汗ばむような日に冬物をようやく「洗濯屋」さんに持って
 いったり。この「洗濯屋」さんという言葉もなつかしい。
 クリーニング屋さん、というより、親しみがあって好きです。

 いつも季節がダブルお仕事柄ならではのお歌。


百人番所から番士が飛び出して
六尺棒で阻止誰何(すいか)されて
立ち竦む
そんな錯覚を起させる
大手三の門

 今は皇居となっていますが、考えたら江戸時代までは江戸城だった
 わけで、今なお残る風情がまるで時代劇をみるようにリアルに
 イメージされます。誰何という言葉も今はなかなか使われることは
 ないですね。スイカはいざ知らず・・・
 きりりとしたお歌。


あれ、
カギどこ置いたっけ・・・
途方に暮れて
巻き戻しボタンを
押してみる

 こんなこと日常茶飯事。ちょっと家の中を直すので、業者の方がこられる
 ので、大慌てで片付け(押し込むとも言う)をしたら、なんと、晩酌用の
 お酒が見あたらない。小瓶に少しだけ私用に残して置いたのに・・・
 大騒ぎのすえ(一人で、です)発見。ほんと、こんな時巻き戻しボタンが
 あればねえ・・・自分で前の行動をやり直してみる、ということなのでしょう
 が・・・ 
 お酒くらいなら、我慢するか、新しいのをあけるか(ふふふ)すれば
 良いですが、カギが見つからないと本当に大変。
 無事見つかったのですね。
 愉しいお歌。作者がわかると、あらま、びっくり。最年少の男性のお歌。
 

ご飯に味噌汁
少しばかりのおかず
それで十分だ
山小屋でいただく飯は
米粒ひとつ残せない

 簡単な日帰り登山は少ししたことがあるけれど、山小屋に泊まるような
 登山は経験がありません。過酷な状況におかれると、人は本性が
 でるでしょうし、普段意識しないようなものの大切さがよりわかるの
 かもしれません。
 作者はお仕事の他にも農業をされ、山登りもよくされるようです。
[PR]
by machako-hamakaze | 2009-06-12 09:57
<< さくら会 新老人の会 戸塚歌会 >>