excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


来月はもう一周年を迎えます・・SUN-SUN

太陽のように明るい代表さんであるN子さんのもと、歌会SUN-SUN
は、もう一周年を迎えます。

講座から生まれた歌会ですが、応援の方も多くいらっしゃいます。
来月の一周年は30分早く始めて、2次会にも力が入りそう(笑)
みなさん、ご参加お待ちしております。


こってり煮魚 空芯菜
なんでものっけて頬張る
活力溢れる
顔 顔
ご飯の国の人達

 煮魚とあったので日本のことかとも思ったけれど、空芯菜とくれば
 アジアの他の国のことでしょう。それに、日本でものっけご飯とかが
 はやっているけど、このお歌にあるような「活力溢れ」ていたのは、
 もう少し前の時代のことのような気がします。

 ベトナムへいらしたときのことだそうです。
 思わずなまつば飲み込むような、おいしさが感じられます。


鯵の開きの焼き時間を
七分にすればよかった
なんて考えていたら
また今夜も
不眠症

 7分にすべきか8分にすべきだったか、それが問題だ!

 眠れない時は、つまらないことが頭の中をぐるぐる廻って、現実で
 解決できなかったことは、やはり眠りにつく前の頭の中でもやはり
 解決つかず、結局眠れない。
 不眠をうまく詠われたと思うのですが・・・
 5行目は「不眠症」でないほうが、と思いましたが、作者は長い
 不眠症なので、とのことでした。


一四九・五センチ
検診でいわれた
背たけ
また縮んでしまった
テーブルが高くなる

 年齢がいくと、本当に知らず縮んでしまいます。生活面では確かに、
 テーブル、台所・洗面所など、不便を感じることが多いかもしれません。
 たった1センチ縮んでも、老いを認識するようで、不便なだけでなく
 そこはかとなく、悲しさも漂います。
 火曜歌会のK子さんはテーブルが高くなればテーブルの足を切り
 椅子も足がとどかなくなれば、椅子の足もきり、切り抜けていらっしゃ
 るようです。もちろん、切っていただくそうですが。
 
 身は縮んでも心の縮みはないようにしたいもの。Ⅰ泉さんなら
 大丈夫ですよ~


私の歌

読むべきところを
指差しているに違いない
頭のない
彫像が
永遠(とわ)の課題を出している

 昨年ルーブルで観た彫像のことです。頭はなく、左手に本を持ち、
 右手の指でその本のある場所を指していました。ここだ、ここだ、読む
 のだ、読まないと!・・・と現代人への警鐘のように思えました。
 でも、言葉足らずだったかな・・・
[PR]
by machako-hamakaze | 2009-07-13 21:41
<< 日曜歌会 7月最初の歌会「ハマのうたかい」 >>