excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


鎌倉歌会

今回も鎌倉生涯学習センターでの歌会です。

展示会での鎌倉歌会の皆様中心のお手伝いを感謝いたします。
FMかまくらの方がいらしてくださったのですが、Ⅰ城さんのお歌を朗読
してくださったそうです。とても楽しいお歌だと気に入られたようです。
そのお歌をご紹介しましょう。


ウォッカに
ブエナビスタ
馬の世界も女性上位
ヒヒーンといななく
アマゾネス


閉店間際に現れた
おつとめ品の野菜たち
いとしく切ない青緑
「カモナ・マイ・ハウス」
私の家に行きましょう

 Ⅰ城さんらしい、素敵なお歌でした。


さて、鎌倉歌会のお歌にいきましょう。
今日は新横浜のFみさんがいらしてくださいました。前回ご出席では
1席でしたが、今回も何と1席です!
ハマ風をお楽しみに。


幹の明細柄と
大ーきな葉っぱは
プラタナスの
親心
可愛い子鈴を守っている

 プラタナスという木をよくよく観察して、愛してらっしゃる作者だと思い 
 ました。以前この作者のお歌で「ユリノキ」を知ったという方もいらして
 草花、野菜歌人(ご両親を詠われても快進撃)のH野さんのお歌でした。
 あの可愛い実を大きな葉っぱが親心で守っているとう発想が素敵です。


五行に並ぶ
景色がいい
空間がいい
自由がいい
五行歌の魅力

 五行歌の魅力をまさに、すっきりとわかりやすく言い尽くしてくださった
 お歌です。2~4行目までの「いい」に思いがこもっています。
 台所や人の生活の場でのお歌を得意とされる作者の実感ですね。


蚊取り線香、かき氷
打ち上げ花火、風鈴、ゆかた
五感が待ち構える
夏よ来い
   早く来い

 前2行で、夏らしいものを並べられた・・・と。ところが、さすがFみさんが、
 嗅覚、味覚、視角、聴覚、触覚の五感のものをそろえたのですね、と
 質問。なるほど!そこまで読めませんでした。作者にうかがうと、たしかに
 そのとおりです、と。
 
 そこまで読みこまれたFみさんの力はすばらしい、と思いましたが、
 気が付かなかったのには、少々理由があるかと思います。
 一つはそれぞれが、一つの感覚ではないことがいえます。
 二つめは、1,2行が名詞止めになっていて、夏らしいものを並べただけと
 とられやすかったからだと思います。
 2行目の最後に「の」をいれると、それぞれが紛れなくなるのではと。

 作者はそれも考えたのですが長くなりすぎるので、でも、行わけを考え
 なおして、「の」を入れてみます、と。
 
 
欠席歌から

山の頭を撫でるように
厚い雲は
まだ居座っている
柵のこちらから
緑のトマトが窺う

 遠景と近景をうまく取り合わされたお歌。
 トマトが柵越しに、厚い雲を窺っているという、雲とトマトをダブルで擬人化。
 トマトが窺うのは雲ということが、もう少しわかりやすいと、面白さが伝わる
 のでは。


良い場所を
猫に取られて
その側で
うつら、うつら、と
日向ぼっこ

 なんとものどかな風景です。これは見ている人からと読んでも、本人と
 読んでも良いお歌です。
 猫をどかさず、猫に取られて・・・ではなく、猫に譲った作者のやさしさも。
[PR]
by machako-hamakaze | 2009-07-18 12:25
<< 追伸 FM鎌倉 日曜歌会 >>