excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

歌会誕生前のミニ歌会

先月埼玉で勉強会をさせていただいたのですが
そのときご出席くださった方が何人かの方で
ミニ歌会をしてくださいました。

歌会「はなみずき」の代表さんはじめ会員の方の
応援もあって、すてきなお歌が集まりました。
出席できなかったのが残念!

正式に発会の時は、みんなで伺いたいですね。
歌会初参加の方のお歌です。


老夫婦
深夜に目が覚め
ラジオ聞きながら
想い出話に
花が咲く

 ご一緒に深夜目が覚めたのですね。息もぴったり。
 そして、またラジオを一緒に聞きながら、想い出話、夫婦の鑑!


最初の一歩が地につかず
迷う気持ちを
後おしされて
前に進まず
悩む日々

 もしかしたら、五行歌のことでしょうか。迷いながら躓きながら
 11年もやっている私です。「後押しされても前に進まず」に
 リアル感がありますね。


大正琴を、始めて九年目
近頃心に迷い風
高齢の言葉を、置いといて
大きな琴に挑戦したが、
この先、ストレス心配です

 9年も大正琴をされてらっしゃっても、やはり迷いがあるのですね。
 今度は13弦に挑戦されたと。素晴らしいです。
 高齢とおっしゃるけど、この挑戦の気持ちが大事だと思います。
 

春らんまん
仲間と共に
電車のりつぎ
秩父の旅
羊山の芝桜

 光景が目に見えるようです。仲間と一緒でまず楽しくて、
 電車乗り継ぎも子供の遠足のようで楽しくて、そして芝桜の
 美しさも堪能されたのでしょう。


コインランドリー
ベンチにすわり
仕上がり待つこと40分
窓の外は満開の桜
一石二鳥のエコ花見

 なかなか洒落たお花見でしたね。コインランドリーの
 ベンチでお花見をされたというこの光景を詠われた
 五行歌を 始めて見ました。これも歌の良さ。


みなさん、もう五行歌の呼吸を飲み込んでくださってますね。
次の作品に期待します。
月に一回の歌会のためにだけ書くのではなく、常に、色々な
題材で書いてみてくださいね。

よく言うのですが、月に1首!と力こめていると、いつか
行き詰ってしまいます。力を抜いて、楽しくね。
[PR]
by machako-hamakaze | 2008-05-05 12:32

97歳の婦人もご参加

5月1日、の「ハマのうたかい」には、なんと97歳の女性が
ご参加です。今回は「見学です、いないものと思ってください」
とユーモアたっぷりのご挨拶ですが、コメントお願いすると
いないものなのに、とおっしゃりながら答えてくださいました。


立ち姿美しい一八(いちはつ)は明治の女性(ひと)
向き合うチューリップは現代っ子
共通の話題は
お日和のこと?
今、横切った黒猫の噂かしら?

 このお歌の作者は70代の方。まずは一八というものが
 わかりませんでした。ずるしてお隣の方にうかがうと、
 あやめのようなお花だとか。
 そうとわかれば、お歌が生き生きと語りかけてきます。

 一八は「鳶尾、一初、逸初 」とも書くそうで、乾燥に強いため
 昔は茅葺の屋根に植えられたとか。防火、魔よけの意味も
 あったそうです。防火から鳶の文字が当て字でつけられたの
 でしょうね。


エコーで写し出される
臓器内の石
「立派に育っています!」
って
真珠じゃないんですから

 大変な状況なのに、ユーモラスに詠っておられます。
 まん中のセリフは石だけに医師が言っておられますって、
 すみません、また駄洒落でした。このセリフがお気楽な
 医師、皮肉な言い方、ユーモラスに言ったと意見が
 分かれました。

 実はこれは胆石とのこと。同病だった私はお歌のことを
 さしおいて、お話がはずんでしまいました。
 お大事になさってください。胆管のところにつまらなければ
 痛みもないので、無理に切ることもないと思いますが・・・


倒しちゃったのか
倒れちゃったのか
ワイングラス
さすっても戻ってくれない
君だけのいとしさ

 前4行が大切にしておられたワイングラスへの思いがよく
 伝わるのですが、私は5行目がちょっとわかりませんでした。
 特別にいとおしんでおられたということを言っておられたの
 でしょう。かなり高価な紙のように薄い、グラスだったそうです。
 ご自分で倒したのだということを、認めたくないと。
 まるで、愛しい女性を亡くしたように詠われました。


新しい歌会が産まれようとしています。
ミニ歌会の様子は次の更新で。
[PR]
by machako-hamakaze | 2008-05-03 22:20