excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ハマのうたかい(6月2日)

歌会前のお知らせで、来年の「風の大会」のことを話しだしたとたん
あら、ちょうど今日が一年前だわ!とおっしゃる方がいて、あ!ホント。

まだまだ先、なあんて思っていても、あっという間ですよお、皆様。
ご承知おきくださいませ。
私たちも来年の大会まではがんばらなければ、と思っています。


少年のたまり場と
いぶかった ゲーセン
今はシニアの憩いの場
笑顔も会話もかき消され
公園は欠伸をしている

 あのやかましいゲーセンがシニアの溜まり場とは・・・
 私は一読、被災地や避難所として使用しているゲーセンのことかと
 思いました。

 シニアにも楽しいゲームが増えたのだとか。
 あとの2行の表現の印象と作者の思いにちょっと誤差というか、
 温度差というか、そんなものを感じます。

 5行目の表現がどの意味にしても、一つの光景をうまく詠っている
 とは思います。


ツツジから
サツキへ
花々は
出番を心得ている
自然の優等生

 まったくその通りです。
 どんな異常気象でも、わずかなあとさきはあったとしても、必ずその
 季節の花が咲きます。

 人間もやらねばならぬことがあれば出る時は出る、引っ込むときは
 引っ込むと、自然に学んでほしいもの(特にN田町あたりの方々へ)


広島 長崎より
鎌倉のオバマさん
やっぱり来なかった
福島よりもパキスタン
原爆 原発いかに・・・

 まあ、アメリカは原発推進するようですからね。
 難しい問題を歌にされた勇気は大切です。

 今回に関しては、サミットとちがい、わが国の総理の行動のほうが
 問題山積みで、オバマさんを取り上げるまでいきませんでしたね。

 サミットのことをもしも知らない人がいたら、なんのことを言っているか
 わかりにくいと思います。
 テーマを一つに絞ると同時に、絞り方も大事だと思います。
[PR]
# by machako-hamakaze | 2011-07-13 19:31

帰ってきました(^_^)/~

オーストラリアのゴールドコーストへ行ってきました。
なにせ飛行機嫌いの私なのですが、海外旅行猛者で歌友のN子さん
が、しっかり企画してくれたので、乗っかって楽しんできました。

詳細はまた今度。
なにせ、昨日は朝4時前に起き、乗り継ぎで成田に着いたのが
6時50分、それからバスと電車を乗り継いで帰宅は10時40分
ごろ。

楽しい旅行でしたが、とにかく疲れておりまする。

旅行や歌会の更新はまた明日にでも。

無事の帰宅をご報告したくて。
[PR]
# by machako-hamakaze | 2011-07-12 23:01

戸塚歌会(5月27日)

出席者は8名と少ない人数ですが、お一人ご見学の方がいらっしゃいました。
9人になりました。

何年も前に新聞記事でハマ風の五行歌を知り、私にお電話をくださった方
です。駅前で待ち合わせしました。

とても楽しかったので、これからも参加しますとおっしゃってくださいました。


二年花をつけないクリスマスローズ
今年咲かなかったら・・・
と 声をかけた
諦めないでと言わんばかりに
見事に花を咲かせた

 なかなか花を咲かせない鉢ものに、ちょっと怖い掛け声・・・2行目の
 「・・・・」は「もう、引っこ抜いてしまうわよ~」「捨てちゃうわよ~」では
 なかったでしょうか?

 それを察したクリスマスローズ、慌てて、咲いた見事なお花。
 
 とは穿った考え。たいてい2年目には咲くそうですよ(笑)


電車の座席に掛けて
携帯で孫の写真を
楽しむ若いおばあちゃん
五月(さつき)の光に
幸せいっぱいの顔

 あら、電車でにやついている私を見た方かしら(う?若いおばあちゃんに
 意義ありって?・・・ふん!)
 あの幸せ感はたまりません。

 こんな女にだれがした~♪


永田町の九菅鳥は
エダノ上で
鳴くばかり
普通の鳥は
必死になって巣を守る

 まったく、永田町へ送りたいお歌です。
 欠席歌ではもったいなかったです。 
 
[PR]
# by machako-hamakaze | 2011-07-05 17:48

はなみずき(5月26日)

とうとう7月に入ってしまって、まだ5月の歌会です。
7日からちょっと留守になるので、それまで何回更新できるかなあ?


北と南をつなぐ
新幹線
窓から買えた駅弁も
煤けた黒い顔も
今は遠い昔

 とってもなつかしいです。
 小学校のころ、父が定年退職したあと再就職した会社が建設会社で
 電気技師だった父は、その会社が移動するたびに、一緒に移動するので
 家にいなかった。
 
 その父が尼崎にいた頃に姉と訪ねたことがあった。
 生れて始めたの長距離列車。当然、寝台などには乗れない。
 富山の駅で有名なマス寿司を買いたくて、窓から降りて窓からまた入った
 ことを思い出した。当然、鼻をかむと真っ黒。

 笑いながら泣きそうになる思い出です。
 今は昔ですねえ。
 新幹線の快適さ、車内販売の充実。どっちが良いのやら。


最近
好みの色が変わったという
君も
幼子から少女へと
成長するのか

 幼子から少女への成長を親や祖父母は喜ぶべきなのだろうが、あの
 いとけないことばや表情が失われていくのは、とても寂しい。

 色や味、匂いも好みが変わるのでしょうね。


田植えの終った
畦道に
一羽の白鷺
時々伸ばす首は
北の方へ

 鷺はなぜかいつも一羽でいますよね。

 時々動かす方向は北。
 このお歌がただの叙景ではないことがここでわかります。

 今年3月、あのことがあってからは・・・
[PR]
# by machako-hamakaze | 2011-07-04 18:46

さくら会(5月25日)

今年事務局さんが変わったさくら会です。

今度の事務局さんは、草木に詳しく、またいろんな遊びのアイディアを
お持ちで、時々披露してくださいます。

東北のねばり強さに
期待し、祈りとして
今年人気の郷土玩具
起き上がり小法師
私も欲しいなあ

 起き上がり小法師、なんか懐かしいですね。
 
 本当に、こんな状態がいつまでつづくのやら。
 国会は相変わらず、国民は総理の交代を望んでいる、なんてどっから
 持ってくるんですかね。はっきり言って誰だって良いんです。

 この状態から被災地の人々の生活を安定させ、原発の放射能汚染を、
 早く解決(うそやごまかしでない)をしてくれるなら。

 
浅いまどろみの中に
ほっこりした
懐かしい思いを残したまま
目覚めた後は
笑顔のわたしになっている

 先日、オノマトペについての講座をしました。
 ある受講生さんがあまりにも多用されるので、好きでなくなったことばが
 あります・・とおっしゃいました。
 
 確かに。ハマ風を読んでいても、同じことばがよく出てくる場合が
 あります。でも、一首一首作者の思いは違うので、その言葉が
 あるからと言って、さっと切り捨てるのではなく、作者にとって
 その歌にとって、本当に必要かを考えるのも勉強になりますよね。

 さて、このお歌の2行目。
 他のことばでぴったりする言葉があるでしょうか?
 私は、この「ほっこり」がけっこう気に入っています。歌の中で浮いた感じが
 ないからです。

 でも、確かに、気の効いたと思えるオノマトペには作者自身も読み手も
 注意が必要だと思います。


戦後活躍した
ベテラン俳優達が
相次いで去って逝く
私の遠く懐かしい
昭和の青春も一緒に

 ほんとうですね。
 享年を知って、まだそんなに若かったんだと驚くことも多いです。
 昔の方は大人びていました。

 作者は銀幕のスターに胸を躍らせておられたのでしょう。

 私も映画がとても好きです。
 最近、ピーター・フォークがなくなりましたね。コロンボで一世を
 風靡した俳優さんでしたねえ。

 
[PR]
# by machako-hamakaze | 2011-06-30 16:03