excitemusic

五行歌雑誌「ハマ風」の歌紹介ブログ
by machako-hamakaze
ICELANDia
,
【管理人】 岡本まさ子
【著 書】 五行歌集
       「宙で寝返り」

【プロフィール】
五行歌雑誌「ハマ風」編集してます。
・藤沢日曜歌会の代表をしています。

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


横浜水曜歌会(5月18日)

5月18日?なんか聞いたことのある日だなあ・・・と
はは、うちの息子の誕生日でした。

もう35歳になっちゃいました。
私も年をとるわけです・・・

そういえば、最近ある方からのメールで、私が体型もくずれ、しわも増え~
たと。最後に、ダジャレもイマイチ!と書いてありました。
なああんて、失礼な人!私のダジャレをイマイチとは・・・って、そこかい?
(読んでるでしょうねえ・・その方・・)


オヤジは70歳で
タバコもやめた
酒も控えてた
そうして まもなくあの世とやらへ
オレはタバコも酒もやめないぞ

 おお、なんと立派な・・・と言いたいところですが、タバコに関しては
 受動喫煙の害がありますので、どうぞ喫煙室でお願いします。

 お酒もタバコもお好きなだけどうぞ・・・でも、あなたを愛する人は
 この歌を書いて心配しておられますよ。

 タバコをがんがん吸っても平気な方もいらっしゃいますが、多くは
 病気の原因となってしまいます。平気な人がいるから、大丈夫だとは
 思わないで欲しいです。


すれ違いに
ほっとしている
自分に
ちょっと
途惑っている

 そういうことってありますよね。
 実際に会う場合でも、気持ちの場合でも。
 
 この作者の若い感性にはいつも驚かされます。


お返しは
何も出来ないけど
夫の好意には
素直に甘えることにしたの
「ありがとう」だけにして

 いえいえ、どんなお返しよりも、心のこもったありがとうが一番。
 やさしい旦那さまですね。
 奥様も、そんな旦那さまへ上手に甘えておられます。

 私の場合は・・・・・  いや、やめておきましょう(はあ~)
[PR]
# by machako-hamakaze | 2011-06-29 10:43

鎌倉フェスティバル(6月24日~26日)

あまりの忙しさに、フェスティバルの宣伝もしないでいて、もう終って
しまいました。

今年で3回目です。
鎌倉生涯学習センターでの展示です。

たくさんのグループの参加ですので、限られたスペースでの展示です。
藤沢2歌会と鎌倉歌会の、ほぼ毎回ご参加のメンバーの方の作品
のみで、いつも欠席歌でご参加の方のお歌が展示できないのは、
とても残念でした。

でも、他のグループの方も興味深くみてくださって、それはそれで
うれしいことでした。五行歌とコラボができそうなグループもあったり
して・・・

私は25日に全体の受付のお当番として、鎌倉歌会のY山さんと
10時から12時半までおりました。

その間にみてくださった方がた(会員さんも含めて)から反響のたくさん
あったお歌をご紹介します。


ギョッ、ここは異界か              藤沢火曜 N田さん
乗り込んだ電車内
一列七シート全員が
一心に携帯操作中
イヤ、私がガラパゴスなだけ
  
  共感度大でした。ガラパゴスは独自進化をとげて、外界の進化とは
  違っています。ただ時代についていけない、というのではないのです。                


ゆっくりかけた時間が            鎌倉  N草さん
姿を
美しくする
圧力鍋でない煮方の
豆の仕上り
              
 このお歌、「豆」の部分を、本当のお豆で漢字の「豆」を作って、見事!


ヘマでもドジでも               藤沢日曜 E藤さん
次の日には
リセットして笑う
あなたが
お手本

 このお歌は「ヘマ」「ドジ」「リセット」のカタカナ文字を大きく書いて
 歌を強烈にアピールして成功。


日本中が黙止した              鎌倉  S子さん
漁夫たちは
祈りながら
将来を語る
哀しみを閉ぢて

 その色紙にはこのお歌が書かれ、そしてまた暗い海の色を塗り重ね
 またその上からこのお歌が書かれていました。人々の恨みが、よく
 目を凝らすと見えてきます。でも、希望を持たねばと漁夫たちが・・・


実害なのに                   藤沢日曜 N子さん
風評と言い換える姑息
農家と漁師と国民
誰もが被害者なのに
真実をみえなくするのは何故?

 この強烈なアピールのお歌のバックには、原発の写真がコラージュに。
 

白シャツの襟                  藤沢火曜  H野さん
シャキッと立てて
早苗田の 風の道を
自転車走らす
若鮎気分で

 色紙全体に色鉛筆で早苗だとまだ雪のある山の絵、美しくまた
 歌も横書き、それも自転車が走っている雰囲気で一行ずつずらした
 センスの良さ光る。


そして、生涯学習センターの玄関のガラスに、ハマ風の会の歌の
代表として張り出された栄えあるお歌は


言葉を削りすぎ足す
納得できず又足した
まるでダマになった小麦粉状態
モォ 天ぷらにする
今日の五行歌

 五月の歌会「SUN-SUN」で第一席だったY口さんのお歌でした。
 あの時同席されていた鎌倉の代表M岡さんが、書いてくださいました。


来年はもっと早くから皆さんにお知らせをだしますので、是非みにいら
してください。
ハマ風のHPには近いうちに写真(Y口さんのお嬢さんが撮影)が
掲載される予定です。そちらもごらんください。


 
[PR]
# by machako-hamakaze | 2011-06-28 18:26

新横浜歌会(5月15日)

先月に続いて、参加です。
前はアッシー君がいたので、たいてい参加していましたが・・・笑

日本列島は
ひとつの身体
こそげ
傷ついた左側
全細胞の力を恃(たの)む

 昔、トイレに貼ってあった、摩訶不思議な絵(と思っていた)をいつも
 なんだろう?と思っていた(チビの私)。実は兄が張っていた日本地図
 だったのですねえ。

 たしかに、人の身体にも見えます。その左側。こちらからみるのではなく
 身体のみになってみると、震災を受けたほうが左がわです。

 永田町以外はたぶん、みんな支援の気持ちがあるのだろうけど。


エイッと飛び越えれば
眩いばかりの世界があるような
チョット覗いてみたいが
背後から死んだ父の声
「危ないからやめとけ」

 そこを曲れば、これを飛び越えれば、きっと素晴らしい世界があるに
 違いない、と若いときは思ったもの。でも曲れば壁、飛び越えようと
 思っても溝に落ちちゃう・・・若いときでさえああだったもの、今更・・・
 と思いつつ、つい誘惑に駆られたが、なくなったお父様の声に
 ふと現実にもどった作者。

 なんだ、というなかれ。そんなものなのです。
 現実に、きっと眩いまではいかなくても、すてきな世界があるのです。
 なあんんてね。


題詠の私の歌

くらり と
香りに
めまいする
五月
新緑フェロモン

 このフェロモン、苦手!


題詠で素晴らしい1席のお歌がでました。ハマ風には題詠載らないのが
残念。


 
[PR]
# by machako-hamakaze | 2011-06-22 18:12

鎌倉歌会(5月13日(金)

この日、鎌倉歌会は吉屋信子記念館で行われました。

3月の地震の日に見学にいらっしゃったS尾さんがご参加でした。

楠の香りがむせるように香っていました。
ちょうど、そういうお歌がありました。

大好きな緑も
溢れすぎて
香りにむせ
圧倒されて
息苦しいような五月

 私も5月はなにか苦手です。良い季節なのですが、緑に圧倒されると
 いうところがまったく一緒です。
 5月に息子を産みましたが・・・
 

男68歳
両親の遺影に
見守られ
晴れた朝に
一人で誕生日を

 なんかかっこよかったですね。
 でも、作者は一人で誕生日を迎えたことはないんですって・・・
 ちょっとがっかり。
 (いつも一人だから僻みかしらね)


酒(しゅ)に
交われば紅くなる
花しなだれる前に
野暮な
時間が回り込む

 お酒を嗜む、妖艶な女性を思わせて・・・
 本当に、飲んでいるといつの間に、時間が経ってしまいます。
 
 で、作者は下戸のM岡さんなんだもの・・


私の歌

ゆられて
傾き
すき間のできた
心に
ちゃぽ ちゃぽ 水溜り

 なんか震災以来、傾いたままの私です。
[PR]
# by machako-hamakaze | 2011-06-22 18:01

横浜木曜歌会(5月12日)

この日、お昼は「ハマのうたかい」です。
レンチャンでいらした方が数人いらっしゃいましたが、私は歌会ラッシュ
でしたので、失礼しました。

6月のナイト歌会は、初のお泊り歌会です。
七沢温泉一泊です。
楽しみです(というか、この段階ではもうお楽しみすんでしまってますが・・・笑)


跳び込むか
飛び出せば
ものにできそうな
この一首
推敲の渦巻

 鳴門のうず潮が目に浮びました。
 もちろん、頭の中の歌のうず潮。

 作者、跳び込もうか、今うず巻きの中から飛びだそうかと、文字に意味を
 托して、推敲に没頭する。

 その塩梅がうまくいけば、ものにできそうな1首です。
 如何?


あの雪山は
私の魂の帰る所 と
見つめ続ける
故郷から替える
列車の中から

 かつて私も故郷の愛してやまない山(鳥海山)を、みつめながらこんな
 ことを思っていた。
 今はどうだろうか。
 父も母もないいま、もちろん兄がいるけれど、魂が帰るところだろうか、
 そういえるだろうかと自問する。切なく悲しい。

 かといって、どこへ私の魂が帰るというのか。
 
 作者がうらやましい。


「病気の原因は」
「タバコの吸い過ぎ」と
医師は答える
「タバコのせいか・・・」
「俺のせいではないナ」

 ブラックジョークだ。
 多くの喫煙者は、いくらからだに良くないと言っても聞いてくれない。
 受動喫煙の害を訴えても、知らん振り。

 もちろん、ヘビースモーカーでも、長寿の人も、病気知らずの方も
 いらっしゃるけれど、まあ体に良くないことは確かです。
 私などは、煙を感知しただけでアレルギー喘息のような症状がでます。

 いきなり咳き込んで、あたりを見回すと、離れたところに喫煙者が!
 申し訳ないと思うのですが、咳がでてしまうのです。
 
 禁煙の飲食店以外は行きたくないですね。
[PR]
# by machako-hamakaze | 2011-06-15 13:18